INDEX    RSS    ADMIN

生演奏ハフラ


先日の生演奏で踊るハフラの動画です。
なんと、その前にアップしたモロッコでのパフォーマンスと同じ衣装だった!!!
いっぱい衣装あるのに。

ぶっつけ本番、完全即興でしたので、いろいろありますが。。。

黄金の基礎

オリエンタルダンスって見た目以上に難しいです。
一見とても自然なので簡単そうに見えるのですけど。
なので結構辛抱が必要です。
これはどんな踊りでも同じなんですけれど。

先日、知り合いの先生が振付WSをやったそうなのですが、
その感想文が「先生方、基礎を教えてあげてください」。
あららら、文面から見るとどうやら振付どころではなかったようです。
受講生も素敵に踊りたいという意欲があって受講したのに、
これではお互い残念な話です。

素敵に踊りたいという気持ちがあった場合、
どうすれば良いのか、というところで
素敵な動きをゲットしたい、という方向にいきなり飛ぶと
大人になってからダンスを始めた方には落とし穴があるかもしれないです。
子供だったらゼロから始められるのですが
大人はマイナスから。
身体の癖や思考の癖が邪魔をするので、ゼロに持って行く努力をしてから
やってみたい動きをゲットするという順番になります。
スポンジに例えると、一度ぎゅーっと絞ってからでないと
水分が入らない。
「ゲット」ばかりに目を向けず、「手放す」ことをしてみたほうが
結局は早道かと思います。

ダンスと語学の勉強が似ているという話をよく聞きます。
翻訳家も、トラベル会話も、同じ文法です。
ダンスの場合も、プロも趣味の人も同じ基礎。
両者の違いは、
語学は間違って話して恥をかくのは同じだけど、怪我するわけでない。
ダンスは間違って身体を使うと怪我をしたり、変な筋肉がついて体形が崩れるという点では
ダンスの方がダメージが大きいかもしれないです。

なので積極的に基礎を習ってみると良いと思います。
最近分かったことで、
疑ったり不満だったりというマイナスな気持ちがある時は
みぞおち付近が固くなって動きに制限がかかり
うまく身体が使えないという事。(自覚しにくいので厄介)
ということは、信じて、楽しんで取り組むほうが効果が高い、ということです。
だったらどーんと委ねて楽しみましょう。

私のクラスではHadiaから長年かけて学んできたメソッドに加えて、
日本人の身体に合ったエクササイズでほぐしながら基礎を沢山練習しています。
ボルボレッタスタジオのクラスでは発表会の振付も始まりましたが、
1時間は基礎をみっちりやっています。
振付も、基礎が出来ていれば簡単に思えクリア出来ます。
楽しんで取り組んで頂けるといいなと思います。
長くしぶとく輝くために。



生演奏

そういえば、8月のカメリア東京公演以来の生演奏でのパフォーマンスとなったのが、
先日の「生演奏で踊るハフラ」でした。
Sadia先生にゲストで呼んでいただきました。
年に2回くらい開催しているようで、10名のエントリーダンサーと、
プロフェッショナルのゲスト&Sadiaさんのショー
というイベントでした。
いろんなスタジオの方がエントリーしていて、素敵な交流があったり、
とても和やかで良い雰囲気でした。
そして、ノエルクラスからレナちゃんがエントリー。
よくぞエントリーしました。
初めての生演奏でソロ!
本番では華麗に堂々たるパフォーマンスで、
大変好評でした。
よく頑張ったなーと思います。
ちなみに、私が振付けしたわけでも、どこかで習った振付でもなく、
自分で創った踊りでした。
プライベートレッスンでは音の捉え方と表現方法をガッツリと練習。
このような経験は、多くの方がやるといいなと思います。
その後のダンス人生が変わると思います。
CD音源も、録音された生演奏であって、本当はイキイキと立体的なんですけど、
mp4だの、コピーだのDLだのipodだのしているうちに
音の記号はどんどん平たんになり、聞こえる音も減ってきます。
それで踊るのは逆に難しいです。
だからカウントを取って、ドラマチックな振付でなんとかカバーしようとします。
自分の基礎能力を超えた振付だったりすると、もう大変。
音楽云々より、身体が辛い、出番ギリギリまで苦手な動きの練習に追われる、
その部分がくると、トリプルアクセルでも飛ぶような緊張(例えのレベルが違うけど)なんてことになります。
逆に生きた音楽だと、すでにイキイキして立体的なので
ダンサーはそこに乗っかるだけ。
楽です。
それを生演奏で体験しておくと、音源の時も変わってきます。
、、、というのが私の持論です。
そして、生演奏で踊ろうと思ったら、
アラブ音楽を知っていないと選曲できないので、
知識を増やすための勉強が必要になります。
一番いいのが、実際に生演奏のライブへ行くこと!
たいてい曲の説明をしながら演奏してくれるので、
今度これなら踊りたいなー、なんて希望が増えていきます。

私がこれまで踊ってきたダンスの中で、これほど音楽と密接に関わるダンスって
他にはありませんでした。
それがオリエンタルダンスの難しい所でもありますが(身体が利くだけでは踊れない意)
喜びでもあるなと思います。
東京、大阪には素晴らしいミュージシャンがいるので
どんどん生演奏のライブに行って世界を広げて
自由に踊れるダンサーが増えるといいなぁと思います。

さて、年内のショーは生演奏2本!
ぜひぜひ、お運びください。
12月22日(金)@シルクロードカフェ
「Arabic Cabaret」年末スペシャル
チュニジア人ミュージシャンのハシンさん、今最も人気の高いダルブッカ奏者
のタクシーマ、バリ島帰りのレック奏者ヤミーンという豪華なメンバーの演奏です。
ハシンさんに日本で初めて歌ってもらう曲。
過去ずっと断られていたので、念願かなったり!
「夢のあとさき」を観てくださったハシンさんが初めて首を縦にふってくれました~

12月30日
チャリティイベント「Shakara Lounge」@ろまらくだ
及川景子さんとアブダッラーの演奏で、
生演奏でしか絶対踊らないともう10年決めてる曲を久しぶりに踊ります。

存分に楽しみたいと思います!

NOEL in Morocco

今年の5月にモロッコに行った時のパーティーでの動画です。
フランス人カメラマンのフィリップさんが撮ってYoutubeにアップしてくれました。
フィリップさんの映像はいつもとても綺麗です。

フィリップさんのノエルスペルがNoelle
とってもフランス人ですね。
NOELだと男性の名前なんです(昔、ダンサーネームを決める時にカメリアさんにNoelleが女の子の名前だけど、どうするか聞かれました)
クリスマスの意味をかけるのと、アーティスト名だからあえて男性名詞を選んだ経緯があります。
フランス語知らないとNoelleは読めないですしね。

後半で盛り上がってるオーディエンスはシャウエンの人達です^ ^

冒険

マルの冒険
ボルボレッタスタジオ8周年公演
本当に冒険でした。
これまで関わった舞台で一番センセーショナル!
賛否両論あるだろうと思います。

共にオリエンタルの道を歩んで来たフーリアが宇宙から地球に落ちて来た
「マル」を演じた。
宇宙人。
まぁ私たち日常的にこんな会話してるんで、
私的には何の違和感もない話ですが
コレを表に出す表現となると、、、
衣装もメイクも宇宙仕様。
楽屋を丸々一つ潰してヘアメイクさんと衣装デザイナーが道具一式広げて準備に取り掛かるという、
普通ベリーダンスショーではありえない一日の始まりだった。

タエカ監督の哲学的な地底のシーンから始まり
ツグミ監督の砂漠のジプシー達の踊り
マルは地球で初めて出会う人々や出来事に驚いたり喜んだり。
私、ノエル監督シーンは冒険の最中に迷い込んだ宮殿。
美しくエキゾチックな侍女達の舞。
そして王女ノエルがマルに知恵の林檎を手渡し、、、、、
そこからマルの運命は急展開してしまう。
林檎を食べたマルは人間となり、都会へ。
殺伐とした世界。イジメ、人間不信。。。
元の輝きを失い、生きる希望も失い
大雨の中、悲しみにうちひしがれて俯いている。。。
そこでタエカ演じる優しいマダムに助けられ
ダンス(生きる事)の喜びを取り戻どしてゆく。

何度見ても涙してしまうシーンもありました。

ベリーダンスショー(ガラ形式)が普通だと思っている方には
斬新過ぎましたでしょうか。

初めて観る方にはベリーダンスって分かりやすくて凄く良い!
と大絶賛され、いえいえ、これはむしろ例外な内容です。と。

コレが私達の問い掛けたものなのでした。。。

ベリーダンスって、習っている女性にしか理解出来ないものなんですか?


作品創りには沢山の時間とエネルギーが要りますが
面白い作品をこれからもどんどん創っていきたいです。

今回、宮殿の侍女役の3人には沢山エネルギー頂きました。
ありがとうございました★

以上、マルの冒険でした。

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ