INDEX    RSS    ADMIN

所変われば

忘れないうちに、アジアツアーのお話。

シンガポールでナンバーワンのアラブ系レストランのShiraz
レギュラーダンサーのNadiaちゃんと一緒にショーをしました。
(写真は後日)
最新のベイエリアにあって、とっても素敵なレストラン・・・

ここにて、カルチャーショック

照明スイッチを入れ、音楽をONにするのは
なんとダンサー自身がやる!
これはシンガポールではスタンダードなんだそう。
ミステリアス重視の東京のうちらの代のダンサーには思いつきもしない・・・
ちなみに、タイでもDJがやります(しかし、あてにならないリスクを考えると、
自分でやったほうがマシかも・・・)

これはこのShirazならではの事だそうですが、
お店の入り口がダンススペースとなっていて、
テラス席、むしろ通行人に向けてのパフォーマンスになる!
店内には背中を向ける形。
見たいお客さんは最初からテラス席を狙うわけです。
しかし、圧倒的に通行人の量が多く、あっと言う間に黒山の人だかり。
お店の宣伝という意味にもなっているそうです。

一晩に2人のダンサーを雇っている。
これも名門shirazのなせる業なのか。
シンガポール屈指のトップダンサーを一晩で2人雇っていて、
20時~22時を一人目のダンサーが4回ステージ。
22時~24時を2人目のダンサーが4ステージ。
となってました。

ノエル&ナディアのショーの後に現れたのがファティマという
シンガポールナンバーワンのダンサー。
なんと、専属のダルブッカ奏者がいる。

専属。

カルチャーショック。

さすが専属、彼はファティマの振付けを完全に覚えていて、
ドンが入るんですよ、欲しい所に!

連れて帰りたかった。


もう一つの所変われば。

そういや、虫がいない。
蚊もいなければ、ハエもガも南国系の虫も何もいない。

国をあげて殺しているとなby 殺虫剤
アメリカもビックリではないかと。
海外企業の誘致を積極的にしているシンガポールの戦略だそう。
伝染病のリスクのない、安全性を売りにしているとか!

虫が苦手で、冬も苦手なあなた、
移住してみては。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ