INDEX    RSS    ADMIN

Parisの思い出④ ラスト

忘れていた。大事なイベントを!
むしろ、これのためにパリに行ったんだった。

セーヌ河沿いにあるアラブ世界研究所
(これが近代建築でびっくりなんですが)

ここでEnsemble Al Ouns というグループによる
Hommage A Farid Al Atrache
というコンサートが行われたのです。

カメリア姫と、姫の生徒さん(大人組)と一緒に鑑賞に行きました。
パリでのショーの開催時間は遅い。
20時スタートというのが平均ですが、
お客さんの多くが遅れてくるので20時に始まることはまず無い。
最低でも30分は遅れると考えるべし。(1時間遅れるものざらみたい)

現代のAtrache、のようなイケメンで甘い声のシンガー(ウードも弾く)が
中心となった編成で、素晴らしい演奏が始まった。
1曲目は誰もが知るあのタクシームから始まる「ラクス・ライラ」

観客のほとんどはアラブ系のフランス人らしく、
ノリが完全にアラブ人。
隣のオバちゃんは歌いまくり踊りまくり

時々ジロっと見ると
一瞬やめるけど、すぐ歌う

こういうものなのだ。

そして楽団はどんどんノッてくるのが分かる。
長-いタクシームやマワールに聴衆がますます盛り上がる。
クルスームのライブ録音なんかに入っている聴衆のどよめき、
あれを思い出した。

それにしても、長い。
休憩もないんだな。

最後のほうにダンサーが出てきた。
どのくらい待ったのかしら、彼女。
(と、ついダンサーの心配をしてしまう)

やっと終わった!!!
時間は午前0時を回っていた・・・・
どおりで、途中で帰る人もいたわけだ。
(楽団の中には途中トイレに立つ人もいた)

「いくら良いショーでも長すぎると、疲れるわね」と姫。

姫の生徒たちはテンション高めにダンサーの批評をしているもよう。
あの衣装が変だった、とか。(どこの国も同じだ)

「今日のショーだと、Samia Gamalを期待されちゃうから、
ダンサーも大変だったわよね。そして何時間も待たされて。
でもとっても上手だったと思うわ」と姫。
さすが。

ちなみに、このショーは1時間半の予定だったそうです。
しかし3時間半ありました。

タクシームだの、マワールで
いくらでも長くなるんですね。
あの聴衆とのエネルギーの交換みたいな空気、
あれによって・・・
クルスームのコンサートが一晩かかった、というのも頷ける。

プチ・アラブ体験in Paris

しかし、相当な空腹感に襲われ、
姫が深夜の天麩羅を作ってくれました。
ありがとうございました、姫。

これにて、パリのレポートは終了。



コメント

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ