FC2ブログ

落語いってきた

悪友の行きつけのラーメン屋で、定期的に寄席をやっている。
ということで、行ってみました。
人気のイベントで(呑み放題、美味しい創作料理コースつき!)
あっという間にSold Outになるそう。
この店の居候認定を受けた(要は超常連さんだそう)落語家
柳屋三之助さんの舞台のはじまり、はじまり・・・
ちゃんと落語を聴いたのは初めてでしたが、面白い!
声の抑揚、表情、一人何役もこなす器用さ。
日頃あまり使わない言葉も出てくるのですが、それがなんとも
美しく感じました。
疾風(はやて)とか。
食事会が始まると、三之助さんがテーブルを回ってきてくださり
興味深いお話を伺えました。
言葉についての拘り・・・・
美しい日本語を受け継ぎ、残していきたいという思い。。。
「ら」抜き言葉や「超○○」
私も面白半分で使っているうちに染み付いてしまった感があります。
日本語の豊かな語彙を大切にしなくてはな~と反省。
自分の語彙の少なさは日頃から自覚はしていますがね・・・
(日本文化学科卒業とは思えぬ・・・)
ここ数年は踊りを教える立場で、何と言葉にして伝えたらいいものか
困ることも多いです。
言葉にするより、見て感じて。ってな具合になってしまいます。。。
言葉を自由に美しく操るのって、自由に美しく音楽を奏でたり、
踊ったりするのと同じなのかな。憧れます。



コメントの投稿

非公開コメント

日本語の豊かな語彙。。。と拝読していて、カメリアのホームページ冒頭のメッセージを思い出していました。「腹が’踊れ’と命令する・・・云々」。やはり彼女は詩人だと思いますね・・・

言葉を操る職業のひと、ほんとに尊敬するよね!
日本の言葉 日本の字 
綺麗だし、意味ぶかいし、かなり興味あります。
ぐうぜんにも、私も今日ブログに漢字のこと書いたんダ☆そしてあらためて読みはじめたのは寺山修司や三島由紀夫。。。日本語のならび、美しいです。

orieちゃん そのラーメン屋の厠に「詩人とは、職業にあらず・・」といった記事が貼ってあって、これまた読みふけってしまう内容でしたよ~ 笑

Kikiちゃん 三之助さんは地方出身だそうで、上京して落語を始めるときに「共通語」ではなく、「東京弁」を学んだんだって。落語家はアナウンサーにあらず、なのね。東京弁の美しさもなかなか・・・と思いましたわ。そういう私は浜っ子だけど。
プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク