INDEX    RSS    ADMIN

応援するという事

昨夜はボルボレッタスタジオにて
初のスタジオ主催ハフラ(小さなパーティー)でした!

火曜日クラスの女子たち、
ボルボレッタオープン時から習い始めた人、
数か月前に始めた人 のミックスです。
一方、他のクラスは長年習って、人によっては
既にクラスを担当しているような人もいるし、
とっても上手な人が多い!
ということで、緊張ぎみの娘たちでしたが、
フレッシュさを売りに、頑張りました。

ハフラの良いところは、ほとんどの参加者が自分もパフォーマンスし、
他の人のパフォーマンスも応援する、というところ。
自分の出番前は誰もが緊張していて、お互いさま。

なので、他のチームの出し物や、ソロのパフォーマンスに
必ず暖かい手拍子がつく。
手拍子をもらって、嬉しくない人はいない!!
これはどんなに長年踊ってる人でもそうだと思う。
タクシームなど、しっとり見るところは見、
盛り上がるところは掛け声や手拍子に背中を押されるというもの。
(おかげで、娘たちも盛り上げてもらえました)

見方がわかる=踊り方がわかる(音楽を理解している)

踊りの上手い人ほど、盛り上げ上手であるのはコレゆえ。
ショーを観に行くと上達も早い、というのは
これなのですね。

踊ることも、応援することも、「表現」なのだと思う。
これは特に自分がパフォーマーになってから実感した事。
どちらも心を表現するパフォーマンス。
心の中だけで踊りが成立しなように、応援も成立しない。

昔、ダンスの恩師にはダンスだけでなく様々な事を教わりましたが
劇場でのマナーは特に厳しく教わりました。
・着飾って出かける(海外では正装が常識)演者への敬意を表すため。
・拍手は細かく大きく!(練習させられました)
まさに表現者としての常識ですね。

脱線するけど
ミュージシャンの知人が
「応援してます!毎日You Tube見てます!」とファンの人に言われて
ガックリしてるとか、
ダンサーの友達が
「遠くから応援してます!」といってショーに来てもらえなくて
ガッカリしてるか、
あるあるある、
応援するならCDくらい買おうよ!ショーに行こうよ!
と叫びたくなりますわ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ