INDEX    RSS    ADMIN

発表会の心得

前回ちょこっと書いたら、続編を求める声がたくさん・・・

続編に行こうとおもっていたのだけど
逆に戻ります。

なんで発表会に出るの?

強制参加ではなく、自分でエントリーして出演するのが発表会。

日頃の練習の成果を披露したい
きれいな衣装を着てライトに当たってみたい
友達に晴れ姿を見てもらいたい

そんなところでしょうか。

本来、舞台は選ばれた人間だけが上がることの出来る神聖な場所です。
そこで誰でも参加できる発表会が開催されるわけですが
特別な稽古をしないと、たとえ発表会でも舞台には上がれない、という
大変な現実もあるのです。
いったん舞台に上がれば一人のダンサーとして見られます。
その人が主婦なのかOLなのか部長なのか、誰も知りません。
その人の踊りだけがそこにあるのです。
舞台というのはそういう場所なのです。
だからみんな一生懸命に練習をして臨むのです。

こんなにダンスの練習が大変だとは思わなかった

と、ショックを受ける人は多いと思います。
自分には1日24時間しかないのに、仕事と練習の両立が求められますから。

あと数週間(または数か月?)で発表会・・・・

一生のうち、数週間(数か月?)ぐらいダンスに打ち込んでみてはいかが?

舞台に上がってライトを浴びる経験が出来る人が、この世の中にどのくらいいるでしょうか?

せっかく自分でエントリーしたのですから
頑張ってみましょう。

見に来てくださるお客さまも貴重な時間を割いて、交通費かけて来てくれるのです。
自分が最高に努力したものを見せるのが礼儀です。






コメント

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ