FC2ブログ

帰国してから  その1

Rakkasahから帰国してそろそろ6日になるのに
なんだかまだ時差ぼけなような。
まず、帰りの飛行機7時間遅れから始まり・・・
ミクシーのほうには飛行機遅延の強烈なエピソードを記しましたが、
7時間の空港待機は実は私にとって全く苦でなく、
同行のフーリアとも旅行中は忙しくてゆっくり話しできなかったので
二人でお茶して色々語ってたら、あっという間!!
結局その日は24時間以上起きてた計算になるので、調子狂って当然。

382452433_218.jpg

382452433_136.jpg


帰国翌々日は横浜でアラディーンライブでした。
キキちゃんルカちゃんはとってもオシャレで、楽屋で二人の
衣装やらウイッグを眺めるだけでも幸せ
特にジプシースタイルの衣装、アルカマラーニ出身の人は
大道芸なんかの経験も多いせいなのか、本当にセンス抜群だなーと
前から思ってましたが。
平日にも係わらず、お客様も沢山いらしてくださって、
大いに盛り上がったステージでありました。
盛り上げ上手なお客さんが多いのは何故かというと、
ルカちゃんがきちんと自分のクラスで「ベリーダンスショーの楽しみ方」を教えているそうなんです。
脱帽です!!
そういえば、私も舞踊団時代、劇場での振舞いやら
拍手の仕方なんかも厳しく教わったものです。
その時は厳しいと思ったけど、絶対に伝えていかなくては
ならないものなのかもしれません。
ダンスに係わるものとして、一生徒であっても
そのシーンを盛り上げる一員として振舞うのは大事なこと!!
特にベリーダンスのように、まだ日本で浸透していない分野では、
初めて観に来くる人も多いので、少しでも係わってる人が率先して
楽しみ方のお手本を見せるのはたしなみでしょう。
ダンサーの登場を拍手で迎えたり、手拍子や声ではやして
ダンサーやミュージシャンをのせて、ますます熱いパフォーマンスが
見られるという、相乗効果。
私も時間があるときはライブにしょちゅう行きますが、
周りをみて、一際盛り上げ上手なお客さんはたいてい、ダンサーとしても素晴らしい人だったりします。
踊る事と観る事、共通点があるのかも!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク