FC2ブログ

チャレンジ

ひょんな流れで、異ジャンルのダンスの発表会に出ました。
過去にもそのような機会は結構ありましたが、オリエンタルダンサーとしてゲスト出演でした。
今回はなんと、一生徒として。
まさか、そんな事をやるとは、、、
なんて話しを仲間達にしてみたら、結構諸先輩方も色々やっておられる。
某カンパニー率いる方は、ヒップホップの発表会に出てしまい、ありえんほど苦しかったー!とか、
結構な大御所先生達が色々と無謀な事を、、。

私も今回、大変苦しゅうございました、、。
なぜなら、染み付いたオリエンタルダンスが
どうやっても抜けるわけもなく、
重心から何から違うので、全ての動きを一度頭で分析してから実行せねばならない、、、。
普通の初心者よりタチが悪いわけです。
そして、オリエンタルダンスは長距離走なダンスですが、
世間一般の西洋舞踊が元になってるダンスは短距離走なんですよ。
瞬発力。なので曲はせいぜい1〜2分なのに、物凄い消耗。その手の待ち合わせぬスタミナをつけるのに半年かかりました。。
今ならマンブーティを誰よりも軽やかに跳びながら踊れそうだ。

なんでこんな苦労をせねばならぬのか、と何度も思っても、一度出演を決めたら何があっても完璧にこなすべきというプロ根性が途中脱落を許さない。

結果、皆様に大変喜んでいただきました、、、。
そうか舞台アートとはお客様が喜ぶものであって、
演者はこんなに苦しかったりするもんだ、お客様の喜びで自分も喜ぶ、みたいな
基本に帰ったりしました。

そして久しぶりにガチ生徒という立場になったのは良かった。
全くゼロあるいはマイナスからの出発の人への指導法、いろいろあるもんだと思ったし、
考えさせられました。
自分の超親切指導方も凄いと思ったし(笑)

プロの超絶技巧よりも
素人の滲み出る苦労の図というのは時に
物凄い感動を与える事がある。
甲子園の球児達のプレーとか、箱根駅伝の倒れこむアンカーとか、
見る人の心を掴んで離さないですからね。
今回は悲壮感あふれる舞台(笑)に
最後はお客様の涙、涙、、、

こっちはゴールで倒れ込んだアンカーですから、
感動も何も、ひたすら疲れた!という感じ。

違う事をしてみると、オリエンタルダンスの素晴らしさというものを改めて実感。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク