FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

魔界へ通じるヴァイオリン

先日、朝のテレビに「世界のオザワ」小澤征爾さんが出ていました。
長いこと山奥の中学校で音楽の指導をされている話とか、アジア諸国の10代から20代半ばの若い音楽家達をオペラ音楽を通して指導している話など。
音楽に必要なのは「度胸」と「技術」。
ダンスと全く同じです!
表現実行する度胸と、それを実現する技術。
どちらが欠けてもダメ。
(残念ながら、現在の日本の若手音楽家には「度胸」が他の国の人達に比べて大きく欠けているそうです。きっとダンスもそうなんだろうか?)
楽譜というのは、作曲家が自分の作品を五線譜に
なんとかかいつまんで書いているわけで、
それは全てはなく、それを読み取って演奏することの難しさ。音楽はそういう所が本当に難しいというのです。
ダンスで言えば振付といったところかな。
無難に弾いても、踊っても、何も伝わらない。

そんな話しを聞いていたら
無性に音楽ライブへ行きたくなり、
喜多さんのライブに初めて行ってみました。
ヴァイオリンとピアノというシンプルな編成で
とても小さなハコなので完全生音。
音楽を聴くにはこれ以上の贅沢は無い。

よく耳にするような古い映画音楽が、
この2人にかかると
とんでもない音楽になっていく。
一曲弾き終わる頃には
ヴァイオリンの弓の糸?が二本切れ、
次の曲でまた二本切れ、
こ、これはライブ最後まで持つのだろうか???
と勝手に心配。
オリジナル曲になる頃には
2人の様子は何かに憑かれたような⁈
魔界とこの世を行ったり来たりするような、
物凄いライブだった。。。

こうしたマイクも通さぬ演奏は
空気の振動で音が伝わるというのがよく分かる。
生きた音楽は素晴らしい。

ダンスは生きた音楽から生まれる。


コメント

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ