FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

ダンスに筋トレは必要?

結構筋トレしてきた方です。
ジャズダンサー時代は勿論、
3年通っていたコンテンポラリーダンスクラスは
ずーっと腹筋でしたし。
腹を引っ込めたり、身体を支えるには腹筋運動(シットアップ等)、みたいな。
オリエンタルダンスでもWSに出て腹筋、てのもあるし
ダンス全般的に腹筋は当たり前のようです。
が。。。
体幹を鍛える勉強を進めるにつれ、
これは違うと実感するようになりました。
筋肉は「伸びる」「縮む」の両方が必要。
鍛える際に「縮む」ばかりしていると固くなって
「可動域が狭まる」じゃん、という
基本的な事に気付いた。
「伸びる」「縮む」の両方で「動かす」方がイイじゃん。
筋肉は普段柔らかく、使うその時だけ力が入るのが理想です。
無駄に普段から固くしない方がいい。
ダンスなんだからしなやかで可動域が広い方が
自分の思い通りに踊れるし、楽しい。

その一環で臀筋を柔らかくする作戦に入っているのです。
ベリーダンサーで多いお尻が出ていて、ハト胸、
ある年齢になるとお腹も出てくる感じ。
お尻の筋肉が短くなって骨盤を引っ張ってしまい、
お尻が出る→内臓が下垂して腹が出る→背中が固く腰が痛い→肩が下がらない→首が前に出る
という負の連鎖に。。
これを断ち切ってしまおう、という事です。
私自身は骨盤の傾斜がかわりまして、
衣装のベルトは全て直しました。
腹の形が変わり、
久しぶりに会う人には
「何んか変わった?うーん、痩せたのかな⁇」と言われますが
いいえ、骨盤の傾斜が変わっただけです。

というわけで、、、
熱心な人ほど筋トレしようと思いがちですが
お気をつけ下さい。
その筋トレ(マシン)は
あなたのお腹を伸ばし、胸を開き
背中を広げ、肩甲骨を下げ
首を長くしてくれますか?


コメント

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ