INDEX    RSS    ADMIN

レストランショー

かれこれ10年以上やっています。
もちろん、プロになってからです。

以前に雑誌ベリーダンスJAPANで取材を受けた時に色々話しながら、改めて
レストランショーの奥深さに気づいたりしました。
ダンサーの登竜門的な所でもあります。
同雑誌でK先生が読者からの「レストランに出たいんですが」という質問に対し、
「自分が出たい、ではなく、どういうダンサーがお店から選ばれるのかを考えた方がいい」と
バッサリ斬っておられました。
そのくらい、結構大変なんですよ。
そして一番大変なのは何年も継続していく事。
レパートリーの少なかった頃は私も相当苦労しましたよ。
朝9時から剣乗せの稽古を続けたり、
とにかく練習練習練習、創作創作、、、、、、
ショーの構成、振付、音楽編集までこなさなくてはならないので
簡単ではないです。
アラブ料理屋なのかトルコ料理屋なのか、
客層は?、、、、etc..
あのダンサーは毎回同じ曲だから、とクビになっているのを見た事あるし、
剣頭から落としてクビ、とか。
それ見てビビって死に物狂いだった時期もある(笑)


最近はプロじゃなくても出られる。
先日もFacebookでサディア先生が警鐘を鳴らしていました。
色んな意味で危険です。
ほんと、自覚した方がいいですね。。。。
先生のショーより友達のショー?に行くとかも。。。。。
プロの仕事場が失われるって、
そのショーのギャランティという小さな問題じゃない。(当人には大きいけどね)
プロの仕事が成り立たない→このダンスの芸術性を引き上げる事の出来る人材を失う
これが一番問題なんだと思う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ