FC2ブログ

夏本番

続きを読む

表現

ここ数ヶ月通っている講座もいよいよあと少しで終わります。
人の身体を見て弱点を見抜いて、強化する方法を導いたり、
そんな事が出来るといいなと思って始めたのですが、
どうやら、凄いところを突ついてしまった感。
心と身体の結びつき、というところに行くと、もうね、
地球人の意識レベルでは追いつかないというか。
まぁ人体が宇宙そのものって事でしょうかね。

沢山の課題をこなしたおかげで、自分のエネルギーのレベルも上がり、
色んな事が見えるようにもなった。
第三の目がついに開いたかな。

自分がいつもやっているダンスレッスン。
こう言っては何ですが、メチャクチャ丁寧です。
今日入ってきた人もあるレベルまで持っていく自信あります。
(8年ハディアに鍛えられましたからね)
その点についてはほぼ満点を頂いたのですが、
そのレベルを破り、あえてハートを全面的に出していく内容、
という課題が出たのです。
あの、、、皆さん(ほぼダンス未経験)ついて来れないのでは。
案の定、最後は皆んなグッタリ倒れてしまいました。
いきなり45分ぶっ通しで色んな曲を踊らせたので。。。
細かい説明無し!
考えるな、感じろ!的な。
あはは。。。。
コレはないなぁ、と先生モードの私がいると同時に
ダンサーノエルだけは、達成感。

そうか、この課題は自分自身への問いだったのか。
表現する事がいかに自分自身にとって大事なのか。
エネルギーが満ちてくる。。。

ダンスは表現。
テクニックは表現を助ける小道具に過ぎない。
ダンスの楽しさはそこにある。
表現とはエネルギーの循環。


と言うことで、レッスンでも表現力強化を
目指しましょうかね。
大丈夫です。45分ぶっ通しとかはしませんよ。








一期一会

最近ずーっとリハーサル続きです。
なんだか超多忙な7月。
今日はサリちゃんと新しい作品創り。
サリちゃんもそうだけど、同期のダンサーと一緒に作品を創るのは
とても刺激的でもあり、とても癒し。
即興でいろいろトライしながら出来上がっていく過程が
エネルギーの循環があるので、とっても癒しになるのです。
打てば響くというのかな、これはプロのパフォーマー同士でないと
感じられない快感です。
そして
目下準備中の舞台について話しながら、
ホール公演の制作は頑張っても年1回。(それでも多い)
ということは、あと何回出来るのだろうか?
と考えると、1回も無駄には出来ない。
大事に、全力で取り組まなければ。
なんて話に。
一期一会の舞台をしっかりやり遂げよう。

さて
至近の一期一会ステージは
7月29日(土曜)@SHURU(大宮)
20時よりショーです。
美しいステージのある、
本格的なショーを観せる数少ないお店です。
是非是非、
ケバブとビールを楽しみに来て下さい!
先日のアイララでの作品とかも再演してみようか?とか
いろいろ考えております。
Do'nt miss it!


海賊

イングリッシュ ナショナル バレエ団の来日公演
「海賊」を観て来ました!

夏場はヨーロッパはバカンスシーズンで公演がないので
出稼ぎにやって来るんですよね。
他にも観たい公演いっぱいある。。。
やっぱりね、バレエはヨーロッパのバレエ団を観たいのです。
美しさのレベルが違うので。

バレエの師匠のオススメで
タマラ・ロホさんを観ておけ、という事と、
海賊の中の有名な曲を一度生で観たかったので
奮発してS席ゲット!

師匠曰く、英国ロイヤルやパリオペラ座は
まずダンサーのビジュアルが完璧で、
不完全な人は入ることも出来ない、という超エリート。
ナショナル バレエは、、、在来種のたんぽぽみたいよ、と。
でもたんぽぽが一致団結して演技している、と言うのです。

なるほど。
海賊という演目は色んな人種の役どころがあるという事もあるけれど、
群舞の白人も確かに英国ロイヤルと様子が違う。
結構個性的なビジュアルのダンサー達が混じっている印象だった。
タマラ・ロホさんは黒髪のスペイン人。

物語の舞台が地中海沿岸国々、という事で
衣装も装置も、夢のように美しいオリエンタル世界!
ハーレムのシーンでは女性ダンサーはセパレートの衣装。
このシーン、私も自前衣装で出られそう、なんて思った。
(座ってるだけの役も大変そうだけど、、、)

こんなオリエンタルでスパイシーな香りの演目、
何故今まで観なかったのかな?と考えたら
バレエダンサーがセパレートの衣装を着るのは似合わない、
筋肉質でむしろイタイとまで思ってたんですよ。。。
まぁそれはダンサーにもよるし、
劇場で見るのと写真で見るのは違いますし。
近くで見たら腹筋六つに割れてるかもだけど、
日本人と違って身体が厚みがあるので
想像と違って綺麗だった。
むしろ誰も腹が出てなくて美しい(笑)

さて、いよいよ期待の2幕!

あの、上半身裸で頭にシンドバッドのような羽を付けた
男性ダンサーが飛び跳ねて踊る曲が!
ローザンヌのコンクールの映像でよく見かける曲!
コレを私は観にきたのだ。

少し肌が浅黒い、長身で顔が中東系の濃さの男性ダンサー登場!

キタ‼︎

回る回る、飛ぶ飛ぶ
まるでコンクールの少年みたいに、
命削ってそうな勢いで踊っている。
回転数が多いので
オーケストラは彼の回転に合わせて演奏している。
回転が曲の中に収まり切らないので
一瞬の間がある。3回転なら曲に収まるところを
6回転回ってるので、オーケストラは回り終わるのを待っている、といった感じ。
俺は絶対6回回るんだ!
といった物凄い勢い。
圧巻の迫力!
割れんばかりの迫力喝采。

芸術監督でもあるタマラ・ロホさんの
ベテランの貫禄、完璧なテクニック、高い表現力、優美なダンスと、
こういった若く、枠に収まり切らない爆発的なダンス、
目が一瞬たりとも離せない。

フィナーレでカーテンコールが始まると
タマラ・ロホさんがマイクを持ち、
今日は発表があります!と。
その爆発的なアリ役の彼が今日でプリンシパルに昇格との発表!
その瞬間、客席はスタンディングオベーション!
劇場の天井が吹き飛びそうな拍手喝采!

この様な場面に居合わせたのは初めて。
本人も跳び上がって喜んでいる。
良い日に観に来た!





上達したい

という生徒さん。
まず、その心が素敵。
大好き。

私のクラスは長年通う方も多いので
出来る事も増えて、やるべき事や知ってる事も多いけれど、
どうしても頭で分かっても身体で上手く出来ない事もある、という自分の弱点にも
気づき始めているかと思います。
本当にダンスは奥が深い。
というか、身体というのは奥が深い。

行き着いたのは
よく聞くけど「心と身体のつながり」
これ本当なんだ、と自ら実感しています。

背中、身体の背面が硬くて上手くいかないとか
お腹が縮んでいる(腹が出てる)とか、
膝、股関節のトラブル、
全て心から来ているんですね。

踊りが生き様を表す、というのは
そういう意味でもあるのかと。

恐れや怒りで筋肉が伸びるわけもなく、
縮めて硬くするわけで、
その力がかかり過ぎて骨を歪ませる、とか。

ではどうしようか、、、
という深いところまで来てしまいますね。笑

思考の癖と身体の弱点は見事に一致するので
それを知って、向き合う。そして癒す。
(この次元になるとクラスでは出来ないので
プライベートレッスンの時ですね。)
クラスではストレッチをしながら
自分の身体を探っていく。

内腿が使えない人は
仙腸関節に原因があるかも。。。(さらにその原因は心)

女性美に満ちたオリエンタルダンスを華麗に舞うには
まず女性性を認めるところから。

モロッコ王国展

横浜タカシマヤでのモロッコ王国展に出演してきました。
毎日特設ステージでベリーダンスのショーが開催され、
スタジオボルボレッタの枠で3日間、出演しました。
平日も週末も同じように沢山のお客様が集まり、
大賑わいでした!
無料という事もあるけれど、多くの一般の方々に観て頂けて良かったです!
リアクションが本当に良かった。
おかげさまでこちらも楽しくパフォーマンス出来ました!

生徒さんが数人来てくれましたが、
鋭い方は、私の衣装の事に気付いておられましたね。
さすが。
あれは完全に営業ショー仕様です★^ ^
普段着れないオシャレです^ ^

オープニングのモロッコ風のパフォーマンス。。。。
あれはモロッコ人アーティストの音楽ですがフュージョンです。
もちろん踊りも完全創作。
モロッコは日本同様南北に細長い国。
北、南、気候も文化も違います。
エジプトに地方によって様々な種類のフォークロアがあるのを知っていれば
想像出来るでしょう。
今回のメンバーでモロッコ渡航歴があるのは私だけで、
ちょっと説明が難しかった。。(説明する時間無かった)
当初、本当はモロッコ北部のフォークロアを入れる予定でした。
それをシャウエンのフォークロアと言ったら混乱したので、
モロッカンシャービーと呼び、
オープニングもモロッコなので
使用楽器と帽子がマラケシュ界隈のモロッコ南部のものだったので、
モロッコ南部、
と呼んでいたのですが誰にも理解されず
北部も南部も区別付かないようだったので、
わかりやすくマラケシュと呼びました。(本当の曲名だともっと難しいので)
そうしたらそのままマラケシュとメンバーが呼び始め、
あの曲名とダンスの種類はマラケシュという事になってしまったようです。


違います。。。。。!!

こうして伝言ゲームで間違いが広がるのかな、と
メンバーのブログを見て青くなりました。大汗。。。

多分、これを読んでも理解されないと思いますが、
モロッコは南北に細長い国で、様々なフォークロアがあるのだけはお伝えしておきます。

というように、
モロッコって日本から遠い国です。
多分、モロッコの人たちも日本は中国の一地方位に思っているかも。
そんなもんですよね。

美しい工芸品、
タジンなど、スパイスを豊かに使った料理、
とても豊か文化があります。
北アフリカでタカシマヤの物産展が出来るのは
モロッコだけじゃないかなぁ〜と思います。

そんなこんな裏側では混乱がありましたが、
よても良い機会でした。

ご来場の皆様、ありがとうございました!

稽古場での暗黙の掟

Facebookに「稽古場での態度」という記事があり、
とても納得しました。
バレエの稽古場での話でしたが、私が経験してきたジャズの稽古場も全く同じでした。
しかし、オリエンタルダンスの場合、
スポーツジム、チケット制のフリーなスクールは当てはまりませんが、
専門スタジオで正統に習う方達には当てはまりますので、
それ前提として。

先日シェアした劇団四季出身の方が書いた
挨拶
はもう当たり前過ぎるので割愛。

稽古場にスッピンとか
本当は問題外です。
私が習っていたジャズのスタジオでは
スタジオにスッピンで来たら稽古受けられませんでした。
学生であっても。
たとえ仕事でスッピンでも、稽古前には化粧をし、髪を整えるのが
「マナー」
でした。
ダンサーは見かけが重要。
踊りの上手い下手以前にそこが見られます。
また、仕事や学校の世界から芸能の世界に入る
自分自身のスイッチであり、
先生への敬意でもあります。

先生って実はそこ見てます。
オーディションの時だけでなく、
いつも見られています。

オリエンタルダンスの場合、
ナチュラル派のダンサーというのが存在するのが特殊なんですけど
これは逆にハードル高くて、
素材が相当美しく、美しく長い髪とファッションもトータルで説得力のあるナチュラル系でないと、
ただの手抜きスッピンです。

そして
態度、表情。

急に発表会で笑顔なんて無理。下がって固定された口角は上がりません。
日頃の稽古から気をつけていないと、
急なチャンスも掴めません、ということです。
逆に言えば、きちんとしていればチャンスは降ってくる。

想像すれば分かりますが
挨拶もろくにせずスッピンのダンサーと
きちんとした態度で美しいダンサー、
どっちが選ばれるか、どっちを教えたいか

芸能の世界の常識ですね。

夏のイベント

今年の夏は営業ショーが多いです。
珍しい。
今、横浜高島屋でモロッコ王国展に出演中です。
8階の催事場の特設ステージでボルボレッタスタジオのメンバーと共に。
グループダンスがメインとなっています。
せっかくのモロッコ展なので、モロッコの曲や楽器などを使うシーンもつくりました。
月曜日でイベントは終了しますので、また行かれていない方はぜひ、足をお運びください。
こういったショーはたまたま居合わせた方たちが観客となることが多いので、
とても楽しいですね。
高島屋が終わると
7月は29日(土)に7か月ぶりに大宮のペルシャ料理店SHURUのショーです。
こちらはステージのある本格的なショーを見せるお店ですので、
是非是非、おいでください。
夏はペルシャ料理はとっても良いですよ。
20時~ショーを始めますので、19時半までにご入店ください。
食べながら見る、という感じではなく
しっかりとしたショーを見せる、がコンセプトのお店です。
凝った演出のショーがを見られる
数少ない、実力派のダンサーばかりが出演するレストランです。
7月29日(土)20時~
@SHURU(大宮)
出演 NOEL

8月は今年はいろいろあります。
8月5日(土)
スタジオ・ボルボレッタのショー@横浜AFR
スタジオの講師陣に加え、各クラスからの選抜ダンサーが出演します。
スタジオ主催ということで、スタジオに休まず通い、成長のみられるダンサーに注目です。
在籍年数は関係なく(在籍してるだけなら簡単なワケですから)、
休まずレッスンで汗を流し努力で出演権を勝ち得たダンサーの勢いのあるダンスは
見る人に元気をくれると思います!
NOELクラスからは飛ぶ鳥を落とす勢いの10代の新人ダンサー「櫻子」が出演します。
頑張るのよ!

8月中旬は都心の某有名なビアガーデンにボルボレッタスタジオが出演します。
詳細は後日発表。

8月19~22日 kamelliaワークショップin 東京
絶賛予約受付中
http://nomal2015.wixsite.com/nomal
8月29日(火)Kamellia東京公演
@Musicasa(代々木上原)
あっという間に、お席もだいぶ埋まってまいりました。
ご検討中の方は、1日も早いお申込みを。

9月9日(土)
ジャスミンフェスティバル
今年も盛大に開催!
NOELクラスから7名出演★
チケット発売中です。

9月24日(日)
デュオ祭り
@アルハムブラ
ソロで踊るのがオリエンタルダンスの基本なのに、
あえてデュオだけのショーです。
さて、誰とデュオでしょうか。
後日発表。


素敵なライブ

今日はフラメンコギタリスト沖仁さんのデビュー15周年記念公演にお誘い頂きました。
初台のオペラシティホール。
なんという豪華さ!
ミュージシャンであれば、こんなコンサートホールで公演を打つのは
大変喜ばしい事だろうなと思います。
ホールは満席!
3部構成でインディーズ時代、メジャーデビュー、現在
といった演目でした。
ご本人いわく
田舎の音楽少年で、特に音楽教育を受けたわけでもなく、
かと言ってスペイン人の血も引いておらず、
そんな自分がここまで少しずつ進んで来たのは
周りの支えがあったから。
なんとも謙虚な人柄。
途中、スペインのコンクールで優勝した曲を
独奏で、しかも生音で披露するシーンが印象的でした。
なんと繊細でセンチメンタルな演奏。
もう少し小さい場所で聴きたかったけど。

周りをサポートするミュージシャンももちろん一流だけど、
沖さんの演奏は本当に素敵。
このクオリティを保ち進化し続けるのは大変な努力だと思う。

先日のネスマの話を思い出してしまうけど、
この様な素晴らしいミュージシャンがいるというのも、
フラメンコの芸術性を上げる一つの要素でしょうね。

日本各地でコンサートがあるようなので、オススメです。

アウトプット インプット

先日のアイララ、来て下さった方、ありがとうございました!
年に一度の脳内公開です。
全11曲、我ながら凄い構成でした。
他では有り得ない選曲ですが、
この選曲に一ヶ月。
音源聴くって時間掛かりますから。。。
70分のCDを10枚聴いても1曲も見付からない事もあります。
前日というか当日明け方まで作業に追われてました。
今回はタイミング良く相当バラエティーに富んだ曲が見つかり、
2部最後のダルブッカとバッハがメインテーマ曲でした。
パリ〜モロッコの旅で出逢いました。
残念な事に、1部だけで帰ってしまったお客様が結構いまして。。。
1部が終わった時に常連さん達がゾゾっと休憩を利用して近所に食事に抜け、
他に初めから帰る予定の方もいたので、それにつられて知らずに帰った方がいたようです。
運良く引き止められた方もいましたが。。
だってあのショー、2部見ないと意味無かった。
メインディシュ食べずにスープで帰るような。。。
来年はメインディシュ、デザートまで残って頂きたいものです。
コース料理というのもは、味のバランス、順番、全て食べてこそ
調理人の心に触れるのです。

先週末は京都のビッグイベントに呼んで頂きました。
M2Kバンドの演奏で踊って来ました。
京都の教室が一堂に会したイベントで、初のホール開催だったそうです。
その大変な主催をM2Kさん達がやっているというのが驚き‼︎
照明の指示、タイムテーブル、音出し(教室の生徒さんの群舞音源)、司会進行、
果てはフィナーレの立ち位置の指示をしている。。。。
日本を代表する凄腕ミュージシャン達が。。。
凄いです、本当に。
大勢の出演者のフィナーレの立ち位置を指示する永田氏は
牧羊犬のように頼もしかった。
彼は真っ直ぐ揃って並んでないのは許せない系。(笑)
素晴らしい。

といったアウトプットだけでなく、
実は色々忙しい。
ショーはナイルグループを観に行った。
エジプト人トップダンサー達の素晴らしいこと!
まず、筋肉の弾力。
見方がマニアックだけど、
これ重要なので。
表面的じゃないのですよ、彼らの踊りは。
今回のナンバルワンは
カザフィの1人モアシャハット
これまで見たモアシャハットで1番だった。
高貴!
あくまでオリエンタルダンスなんですよ。
バレエっぽいとかモダン風では無い。

スペインのネスマのライブにも行った。
ホールでしか踊らないネスマが至近距離で観られて、相当お得感。
とっても素敵だった。
オリエンタルダンスを舞台芸術に昇華する為に尽力されている彼女の言葉が
とても胸に響いた。
「現在のフラメンコが舞台芸術になったのは、日本人ダンサー達の功績」だと。
一瞬え?と思ったけど
そういえば日本には芸術家として勲章を受けたフラメンコダンスの先生がおられますね。
きっとその代の先駆者達の努力あっての事なのでしょうね。
最近ではスペイン人の先生が日本で指導を続け、今月スペインでの大きな公演に
彼が日本人ダンサーとミュージシャンを連れいくというのも話題になってます。
。。。。
後に続きたいものですね。
そういった動きは確実に、私の周りでは起き始めていると思う。
オリエンタルダンスに関わる1人1人の思いや行動が
未来を作るんです。
今、とても大事な時。
生徒さん達も意識を高く持って、良いものを守って下さい。

その他、
毎週からだラボ講座に通い、宿題をこなし
ダンス、トレーニング、リハーサル、打合せ
自分のインプットだけでコレ。
その他、生徒さんのイベントの事務作業、稽古、、、
その他諸々、外から見えない事 ばかり。

そしてカメリア東京公演、ワークショップの準備!
まだまだやる事山積みです。



プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク