fc2ブログ

シャンデリア・バコーン・ジャム・パーティー

大盛況にて終えました。
色んな意味で全てが想像以上でした。
映像、コント、音楽、踊り、、、
本当によく練られたイベントだったと思います。
「明日」をテーマにしたストーリーというのがとても素敵でした。
関係者の皆様、お疲れ様でした★

仕事帰りに、ちょっと素敵で、ちょっと笑えるイベントがあったら楽しいですよね♪
まさに、そんな感じだったのでは。

完全アウェイなところでのパフォーマンスだったのですが、
よう子さんの計らいで、1曲はいつも踊っている音源で、もう1曲を
よう子&エレガンツとのコラボ、という形にしたのですが、
それが良かったと思います。
見ていた方には、1曲目がエジプトの音楽で2曲目のコラボがシャンソンだった事すら分からなかった模様ですが
そのくらい自然に馴染んでしまったという事でしょう。
ほんとうに、、、
演奏とこれほど一体化出来たのは、メンバーの皆さんがエレガントに寄り添ってくださったからだと思います。
おそらくダンスの伴奏など生まれて初めて、、、だったと思うのですが
私の事を「フロント」と言っているあたりがもう、エレガントです♡
(※フロントとは、バンドのヴォーカルがソレにあたります)
バンドの一員として一緒に音楽を奏でるという扱いって、意外と普段はゼロですから(涙)

コメディアンと一緒になったのも初めてです。
いってみれば俳優さんと一緒ですね。沢山のセリフを覚え段取りを覚え、でもまるで初めて聞いたかのようなリアクションをしなくてはなりません。人を笑わせるのはとっても難しい芸だと思います。
舞台裏で、とても緊張されていたのが印象的。

かわいい女性ミュージシャン達もいました。
大人びた二十歳、大人になれないアラサー、
そんなもんでしょう。ずっと歌って欲しいですね。

楽屋では。。。。
化粧をせっせとしているのは
よう子&ノエルのみ!(もう同ジャンルです)

CSVjP0LU8AAGRid.jpg

このイベントはまた開催されるようですので、ぜひチェックしてください~

アイララ

初めてアイララさんにてショーをしました!
老舗の音楽バーで、タモリさんと赤塚不二夫さんが初めてパフォーマンスをした、という
由緒あるお店です。伝説のイグアナのパフォーマンスはアイララで生まれたのだとか。

そんなわけで、どんなパフォーマンスをしようかと色々考え、
お店側からは「ベリーダンスに囚われないパフォーマンスして」とのリクエストもあったので、
普段のショーでなかなか使えない音楽を使ってみました。
日本にも良い音楽を作っている素晴らしいアーティストがいるので、
それにフォーカスしまして。。。
大渕さんの曲と、ロッカメンコでいってみました!
ほんと、素敵な曲で大好きなんですけど、いざパフォーマンスで使おうとすると、
フラメンコのリズムで構成されていたりするので
ほんと後悔します。。。なんだよ12拍子って、みたいな。
そういうのもアイララ・ショーならでは出来ることですね。
FBでアホらし過ぎるIce Queenの動画がアップされておりますが(笑)
他は真面目に踊りました。
また来年のアイララ・ショーをお楽しみに!
12045413_916382231778313_6089849265580041612_o.jpg

そして今日は久しぶりに某雑誌社のOさんにお会いして色々お話ししてきました。
それにあたり、昔の写真を引っ張り出していたのですが、
友人ダンサーの写真まで色々出てきました。
というのは、舞台写真をデータでもらうようになったのはこの数年で、
それまでは紙焼き写真を注文していたのです。
選ぶ時点で、友人がカッコよく写っていたりすると欲しい~★と思って買っていたんです。
夜中に友人の写真を見つけて、即写メして喜ばれました(笑)
なんでノエルが持ってるのよ!みたいな感じで。
データでもらうのは色々良いところもあるけれど、そういう楽しみが無いのと、
CDRを見ただけではどんな写真が入っているのかわからない。
紙だと一目で分かる、というが、今回の感想。


バコーンって何?

27日はシャンデリア・バコーン・ジャム・パーティ@月見ル君想フ に出演します。
バコーンって何ですか?とよく聞かれるのですが
爆音のことらしいです。ライブハウス用語?

先日、ザ★エレガンツのみなさんとリハーサルしました。
なんてエレガントな方々。優しい、そして抜群の演奏!
ご一緒出来て嬉しい限りです。

さてこのイベント、どうなっちゃうのか?
ミュージシャンとコメディアン、そしてダンサー。

エンターテインメントにおいて、音楽、踊り、そして笑いの要素はとーっても大事。
昔からテレビでこの3つは欠かせないですよね。
そして、私の察するところに、
3.11の直後に被災地に何度も出向いた越路よう子さんが
人間にとって大切なものは何かとか、色々考えられたと思います。
大変な状況にある人を元気づけられるのは「笑い」。
あの頃の日本中のアーティスト達が悩み考えたと思います。

笑いの要素について、よう子さん、カメリアさんとこの夏色々話す機会がありました。
カメリア姫も笑いの要素をとても大事にされています。
それは初めて会った頃から。
(私はその感性に一目惚れしたわけで、この夏の「和と輪」にもつながっています。)

27日は一貫したテーマのもと、エンターテインメント・ショーが進みます。
踊りだけのショーしか観たことない方にも是非、足を運んで頂きたいです。

カッコつけてるだけのショーとは一味も二味も違うはずです。

天秤月間

天秤座です。
周りにも天秤座の友人が多い!
2,3年前に天秤座のダンサーだけで集まってショーをしたこともある。
天秤座の色がブルーであること、
天秤座のマカームがあること、など色々マニアックな事を知った。

今年は月火水のクラスの女子達にお祝いしていただきました‼︎
20151022021320470.jpg

201510220213174e0.jpg

2015102202153535b.jpg

201510220215361ea.jpg

ありがとうございます‼︎
誕生日というのは不思議なものです。
先日読んだコラムで、誕生日を迎えた筆者が
「今日は私の誕生日です」というノボリを背負って1日過ごすという実験(平和〜)
職場では「へー、おめでとう」と、おやつを沢山貰い、
帰り道では見知らぬおばさんに「あら、おめでとう」と声を掛けられ、
なんだかんだ沢山のお祝いをもらったそうです。
不思議な1日。

365日、誰かの誕生日であって、お祝いの日であるのです。
毎日お祝いをする気持ちでいたら戦乱など起きないのでは、、、
と思ってしまいますが、、、
シリアやパレスチナ、戦乱の中で誕生日を迎える人達のことが気になります。

出会い

色々な舞台を観ているけれど、
これ程感動的だったものも少ないです。
ロシアバレエと日舞のコラボ
「出会い」
@国立劇場

ロシアで活躍している日本人バレエダンサー岩田守弘さん目当てであったのですが、
本当に全てが予想以上、全てに良い裏切りをされ、
素晴らしい時間空間を味わえた!

日舞など観る機会もなかったので国立劇場も初めて。
素晴らしく観やすい!
緞帳の模様が何種類もあったり、花道、客席の傾斜具合、全て完璧。
国立なんだから、機会を作って行った方がいい。

そんな素晴らしい場所で、世界的ダンサー3人のコラボ。
1幕目は、古典日舞から
当然生演奏で、装置などもこれぞ国立劇場!
出てきた藤間蘭黄さんの美しいこと。。。
その後ガラリと舞台転換があり、ロシアバレエの世界に。
1幕は各人のソロだったので、二幕目のコラボが全く予測不能。。。

二幕はいよいよ「出会い」
織田信長とそれを取り巻く人物を描いた作品。
日本人誰もが知る、敵は本能寺にあり、です。
信長の役をロシア人のルジマトフさん。
外人なのに侍にしか見えないほどハマっていたし、
岩田さんはボリジョイでキャラクターダンスのエキスパートだっただけあり、
素晴らしい演技力での秀吉役。
そして藤間蘭黄さんが光秀、道三。(日舞では多役を演じ分けるのだそう。)
バレエダンサー2人と日舞1人という、考えつかない配役だけれど、
誰もが知る題材にしたことで、誰もが入りやすい。
イメージとして、日舞とバレエって対極にあるような感じだし、
しかも世界最高峰の身体能力を持つバレエダンサーと日舞、、、、
大丈夫なの?と内心思っていたのだけど、アッサリ裏切られた。
ススっとすり足で現れ、そこに立つだけで、藤間蘭黄さんの存在感がすごい。
ひとつひとつの所作の美しさ、表情、どれを取っても完璧。
しかも、軽々と飛んだりもする。
バレエの(しかもロシア最高峰の)ジャンプに負けてない。
どうなっているんだ?
あの身体の使い方は。
バレエのメソッドをいつも考えてしまうけれど、日本人の身体には日舞が良さそうなのは明らか。
きっと、着物であること、足袋であること、正座をすることがキーなんだと思うが、、、
、、、、と、ついついマニアックな見方をしてしまうが。

この異色のコラボは、
お互いが尊敬し合い、一緒に作品を作りたいという
踊り手同士の情熱があってこそ。
全てが清々しく、美しかった。そして一流。

スタンディングオベーション‼︎

忘れられない舞台

岩田守弘さん、相変わらず凄かった。
ますます表現力を付けられ、洗練されている。
これからも注目したいです。



エレガントに★

12006135_963078613756682_6859010640063930874_n.jpg

10/27のシャンデリア・バコーン・ジャム・パーティ@月見ル君想フ の顔合わせに先日行ってまいりました。
出演人数多いっ
構成作家さんがとりまとめておられました。
全体を通してテーマ性のあるイベントです。
ミュージシャン、コメディアン、そしてダンサーといった異ジャンルの出演者達が集まって、
どんな事が起きるのか、楽しみです。
ダンスの仕事でコメディアンと一緒になるのは初めて。。。。
越路よう子さんがコントに初挑戦されるそうで、絶賛猛リハーサル中のようです。

私は「越路よう子とザ★エレガンツ」の演奏でエレガントに踊る予定です。
とっても好きなバンドなので嬉しい~~!!!
ステージで見るのと同様、普段からとってもエレガントな雰囲気をまとった方達でした。
プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク