fc2ブログ

Hadiaショーin Bangkok

シンガポールの後はバンコクに向かいます。

3月22日(土)はバンコクのニュー・スポット
Cairo Barにて、Hadiaショーです!

こちらは東京よりオリエンタルダンス人口は少ないので、
バンコクで活躍するダンサーが集結する形です。
そして、6年前のバリ島でのティーチャートレーニングで一緒だった
インドネシアのクリスティンや、
日本からサリちゃんも参戦です!
ハディアのアジアの門下生が集結ですね。
豪華~☆
サリちゃんとはデュオも踊ります。
海外初。

バンコクは時々行っているけど、
こうしてHadia先生のおかげで皆がまとまるというのは
とても素晴らしいし、楽しみです。
すごいクオリティのショーになりそうで、楽しみ。
在タイの方には是非観て頂きたいなぁ。

1899993_750425994976388_230046331_n.jpg

会場のカイロ・バー、これは凄そうだ。。。
1658214_10152017493877104_1733305905_o.jpg

孤高のアーティスト

今日は40年以上楽器を弾く仕事をされている方にお会いした。

あれ、まっすぐ

最初の印象です。
ギタリストの方ですが、演奏する姿勢(体のほう)がまっすぐ。
私の偏見ですけど、ギタリスト=片側に傾く姿勢
と思っていたのでびっくり。
ついご本人に聞いたら、「まっすぐになるよう気を付けている」と。
まっすぐにしたほうが音が良く出る。
身体を傷めないので長く演奏活動が出来る、と。

なるほどー、長く芸事をやっている方は違う。

そして、いつも一人でやっている、というのも
色んな意味で良いことのようです。
もちろん仕事で色んな人と一緒になるのは楽しいけど、
一人に必ず帰る。
帰る場所がある、それが「自分」なのは精神的に強みになるのだそう。

孤高のアーティスト、深すぎる。


シンガポール

1897822_10152231518795202_1277885644_n.jpg

シンガポールでのショーの宣伝ポスターです。

お店のHP見たら、東京では実現しなさそうなラグジュアリー空間。
南国ならではの吹き抜け。。。

赤道直下の国だから、きっと暑いんだろうな。
すっかり東京の冬で冷え切ってるので、暑いって意味が分からなくなってる。
本当は南国には夏に行くのがおすすめ。
サンダルのまま行けるのが断然楽です。それに近年東京は熱帯化しているので、
気温差なし。むしろ東京は世界一蒸し暑いので、冷房キンキンの東南アジアは天国。

しかし・・・今回はヒートテックで乗り込む予定です!

今日のマグレブ

久しぶりのマグレブ後記。

3年半ぶりに来ました、というお客様のグループがいらっしゃいました。
覚えてくだっさっていて、ありがとうございます
お仕事でアラブ・中近東と関わっていらしたそうですが
お相手の国の文化を親しむのはいいですね。
お料理、音楽、踊り・・・
商談に利用するのも良いかと思います!
というのは、宗教上食べられるものに制限のある国の方を
せっかくだからと日本食屋に連れて行っても、可哀想な場合、多いですし。
あらかじめお店に伝えておけば、ハラルミートで調理してもらえます。
日頃は「初めてアラブ・ダンスを見る日本人」ターゲットにしているダンサーも、
それなりに対応できます。(むしろ、腕が鳴る)

オリエンタルダンスの動きは現代人の体に必要な要素が沢山。
働く女子はもちろん、
実はビジネスマンにも必須なんじゃないかと。。。
ひねる動きなどはメタボの人に思いっきり勧めたい!
かといって習いに行けないでしょうから、
アラブレストランで皆と一緒にちょっと動いてみる、というのはベストですね。

14.3.4@ 84852-s

モロッコ料理店「ル・マグレブ」@二子玉川にて
第一・第三金曜日にお待ちしております!

※アジア・ツアーのため、
次回NOELショーは4月4日(金)です

3月のレッスン

<月曜日> 
初級@ノア都立大 20:00~
ベールを使ったオリエンタル振付

<火曜日> 
入門@ボルボレッタ 19:30~
オリエンタルベーシック&ベールを使ったオリエンタル振付
初級@ボルボレッタ 20:30~
オリエンタルベーシック&応用、ジル
※ジルをご持参ください。

<水曜日>
初中級@ノア銀座 19:40~
サイーディ振付

3月の休講または代講については、
各スクールのスケジュールでご確認をお願い致します。

Hadiaワークショップ

今年の日本でのHadiaワークショップも終わりました~。
充実の時間
とっても沢山の方が受講されてました!
この時期、他に沢山の来日ダンサーのショーやWSが都内で開催されていましたが、
どこも盛況だったようで、
10年前には考えられなかった状況ですね。
それだけオリエンタルダンス人口が増えているのかなぁ?

前は年に数回しか海外講師に学ぶチャンスはなかったので
とりあえず全部参加、という主義でしたが
今はさすがに無理。
沢山ありすぎてどれに行ったらいいのか分からない人も多いのかな?
なので、選択するしかありません。

ざっと分けて
女性、男性、真ん中(笑)、
エジプト人、トルコ人、外国人、
分かりやすい選択肢ではないかと。
WSビギナーさんはこれで判断してみては。

マニアックにいく場合は
現役ダンサー、講師専門、振付師、
これとつながってきますが、
さらに上級編としては
その講師が
テクニックを「見せに(Show)」来ているのか
テクニックを「教えに(Teach)」来ているのか。
チラシやだけでは判断しにくいですが、
若いダンサーはShowの場合が多いような。抜群の身体能力を披露することが
仕事になっていますので。(特にロシア系やアルゼンチン系?)
講師経験の長いベテラン先生はTeachのほうではないでしょうかね。

素晴らしい身体能力、表現を間近で見てインスパイアされるのもよし、
豊富な知識・経験をもとに的確な指導を受けるもよし。
どちらも素晴らしい機会・・・
人の感想よりも自分の感性で選ぶのが良いのだと思う。


さて、ハディア先生のアジア・ツアーはまだまだこれから。
-15℃のカナダからこれから30℃越えの東南アジアへ。



プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク