fc2ブログ

発表会

今年も大宮のSHURUさんのスタジオ発表会にご招待いただきました!
バンコクからの帰国が2日早まったので
伺えました。
洪水騒動で、ちょっとストレスだったので
(たぶん、3.11の時の感覚を思い出してしまったのかも)
踊りが見たい!
とすごく思いました。

去年に引き続き最前列の真ん中の席をいただきました!
(近いよー

とにかく衣装が凄い。
全部が全部、プロ仕様で、エジプトのデザイナーブランド!
そんな衣装を色違いでそろえていたり、
本当にビックリです・・・

そして、皆さんの成長ぶりにビックリ。
去年は第一回目なせいか、緊張気味の方が多くて
こちらにも緊張が伝わってきたのですが
今年は余裕の笑顔、でした。
踊りもすごく上手になって・・・

一番成長(?)したのは
オーナーのKAMIさんでしょう!
去年は最後の挨拶で舞台に上がるのに着なれぬスーツ(おっと失礼!)、
こっちまで手に汗握ってしまう緊張感が全身から漲ってましたが
今年は余裕の笑み。

SHURUのレストランショーでお会いする、ノンさん(ルナちゃんママ)
サオリさんや常連さんの踊りを見る、というのが面白い。
普段と逆になるんですから。うっしっし

SHURUさんて
私にとって気になる家族というか
応援したくなる家族なのです。
きっと他のダンサーさん達もそんな気持ちだと思います。

ありがとうございましたー

夜間飛行

飛行機の夜便が好き。
窓側の席はおすすめです。

バンコクへ行く時のコース。、
成田を離陸してすぐに東京湾が見えてきます。
陸路だと遠く感じるけど、空に上がると東京湾と成田って
とっても近いことにビックリ。
キラキラした東京の夜景。
東京タワーの赤い明かりが小さく見えます。
そのまま太平洋沿岸上空を通っていき、
宮崎県の沿岸で花火が上がってるのが見えてきます。
その後暗い海の上。
しばらくすると暗い海の上に輝く島々が見えてきます。沖縄!
そして台湾を過ぎて、今度は中国の沿岸に沿って南下。
香港も見えてくる。
・・・という素晴らしい沿岸コースなんですよ。
進行方向右側に座れば、これらを眺めていけます。

帰りのコース
行きと違って、太平洋の上を進むようです。
なので、満天の星空を見ながらの飛行です。
モンスーン地域では、あちこちでスコールの稲妻が小さく見えます。
九州のあたりに着く頃に朝焼け。
幻想的です!!

こんな景色を見ると、生まれ変わったら飛行士になってみたいと思います。

バンコク

洪水騒動にて、結局カメリアWSの打ち合わせできず・・・

物事がすばやく決まる東京のほうが特別なのですよ
きっと

1月5日開催というのは、よほどのことがない限り決定です。

WS検討されている方、
DMで私までお問い合わせくださいませ。



Fatima~真夏

チサコさんと二人のショー@FATIMA、盛り上がりました!
お越しくださった方、ありがとうございました。
あのスペースで超早着替えだったり、とにかく盛りだくさんでした。
一度見るとやみつきになると思います。
次回は1月の予定ですので、
ぜひ!!!

翌日から遅い夏休みいただいてます。
初のプーケット島
すっかり乾季に入っているようで、からっと晴れていて
真夏の空気。
アジアリゾートはいくつかしか行ったことないですが、
プーケットは相当レベル高いと思います。
何のレベルかというと
空港、道路、町並み など
かなり整備されている印象。
なので西洋人観光客はみんなレンタルバイクで観光スポットを巡ってます。
道路が凸凹してないし、まっすぐ、信号も整備。
(意外とこれって珍しいです)
さすが世界のリゾート地という感じでした。
宿の裏山の頂上に大仏がどどんとそびえていたので
行ってみましたが・・・建設途中でした。
写真は後日。
とってもかわいい顔をした大仏様でした。

で、今日からバンコクに移動しましたが
打って変わって、まだ雨季のもよう。
大洪水が襲っているので、どうなることやら。
川沿いの地域は報道されているとおりだそうで。。。
日本でもそうだけど、川沿いって普段はいいけど、結構危険なのです。
こちらの高台も心配。
カメリア姫のお正月WS@バンコクの打ち合わせ、できるだろうか・・・

Fatima

21日(金)は四谷三丁目のFatimaにて
チサコさんとショーやります!

すごい曲数=すごい衣装の数

少人数でのショーは、全力投球です。
持ちネタ全開
お食事がてらいらしてくださいませ。

さて・・・音源づくりが大変だー

千夜一夜

無事に終えました。
沢山のお客様にご来場いただき、本当に感謝です!
初めてショーを見たという生徒さんや、同級生が顔出してくれたり、
仙台・福島から来てくれた女子たち・・・
人のつながりのありがたさを感じました。

震災のすぐあとから企画したので
ずいぶん時間もかかりました。
出演者のみなさんの協力無しでは開催できなかったです。
ありがとうございました!
久しぶりに千夜一夜に出てくださった常味師匠、
とても頼りになりました・・・(過去2回、出演してくださってます)
ありがとうございました!

それにしても、慌ただしい日でした。
朝から、お釣り用の小銭を作る両替をしたり
受付グッズ用意したり、折込チラシ作ったり
そう、はっきりいって踊りどころじゃないんですよ。
今回のハコは「時間借り」制なので入り時間も撤収時間も1分もずらせない。
こんなに忙しい本番は初めてでした。
皆さんに終演後のご挨拶も出来ずに失礼しました。

後から生演奏の素晴らしさに感動したと感想をメールでいただいたりして、
やはりやってよかたったなーと思います。
日本初公開「Ahwak」も大好評でよかったです・・・
私にとって特別な曲です。
またぜひ踊りたい!

秘話としては
リハーサルで髪の毛がボサボサになり、
本番前にとかそうと思ったら、櫛を忘れたことに気づき
誰かに借りようかと
フーリア→くるくるパーマで持ってない
景子ちゃん→くるくる天然パーマで不要
・・・女子なのに櫛もないのかっ、では男子に借りるかと思い
濱ちゃん→ボウズ
P →ヒッピー風で不要
最後の砦、まさかの常味師匠・・・持っておられた!
さすが!!!
ということで恐縮すぎるけど
恐縮してる暇もなくて、ありがたく拝借。
ストレートロング同志の助け合い、でした。



13年

オリエンタルダンス13年突入しました。
早いです。
まだ入り口も見えてなさそうですが、あたりまえですね。
たった13年じゃ。
カメリア姫は40年。
すごいですね。
継続していくだけで相当大変で、さらに極めていかれてるのは
並大抵のことではありません。(しかもあの波乱に満ちた人生・・)
尊敬します。

ジャズ下積み時代、毎日怒られながら
どうにもならないし、ただ続けているだけの自分に落ち込みがちでしたが
「継続できているのは、あなたの才能なの!」と先生に励まされたことがあります。
器用に素早く習得する才能はないけれど、
継続する才能はあったのか・・・
と慰めになったような、ならないような、ですが
結局、素早く習得する才能があっても継続する才能がなければ
何にもならないということを考えると、
後者があるのは素晴らしいことなのだと思うようになりました。
それからは、ちょっとこのことではめげなくなりました。
出来なくて当然だから悩まないし、焦らない。
自分には継続する才能があるんだから!

千夜一夜シリーズのショーもよくぞ継続してます。
いろんな方の協力を得てこそのショーです。
みなさんに感謝します。
究極は私とフーリア、もっと究極は私ひとりが千夜一夜でもあるので
そこがブレなければ、継続していけるのだと思います・・


ついに

久しぶりの機種変更で
ついに
スマートフォンに

しかし、ちっとも使い方が分からない。
薄っぺらなメモ帳程度の説明書には
充電の仕方程度しか書いておらず、
操作方法は不明。

ということで、
しばらく大変です。

千夜一夜物語

2006年から続けている「千夜一夜物語」
今年最後の公演は10/15です!
1015.jpg

なぜこのイベントを始めたのかというと・・・
エジプトで見たレジェンド・ダンサー・ルーシーのショーに衝撃を受けたのがきっかけでした。
「何このジワジワとくる感じは・・・!!!」
これまで見たことのない、感じたことのない感動でした。
きっとそれはオリエンタルダンスの醍醐味。
でもそれが現在日本で大事にされているかどうか?疑問も持ったりして。
誰も大事にしていないのなら、私がそれを大事にしよう!
なんて大それたことを思ってしまったのが2006年春でした。

それから早5年。

色々な試みも試してきました。
30分越えの曲をやったこともありましたなー。
(その曲1曲で1部終わり、だった)

今回は
久しぶりに世界の常味師匠をゲストミュージシャンに迎え
さらに新しい試みを!!!

今日も朝からリハーサルで
師匠も唸っておりました。

師匠すらみたことないマカーム

その大変な奮闘ぶりを目の当たりにし、
ダンサーとは全く違う視点でその曲にアプローチしていく
まさにその過程を目撃し

ますます燃えております

オリエンタルダンスに惹きこまれるきっかけとなった
あの曲

千夜よりも素晴らしい一夜になるよう
頑張っていますので
是非是非
いらしてください!
絶賛予約受付中!!!!

10月15日(土)
19:30スタート
@ミノトール2(新宿三丁目)
ご予約は
noelhuleya★yahoo.co.jp
(★を@に変えてください)

詳細はNOELホームページにて
www.noel-oriental.com

ムスタファさん

先週、エジプト人ウード奏者のムスタファ・サイード氏が
自費で来日し、福島と東京で無料の演奏会を開催されました。
サイード氏は
両親がシナイ半島に滞在した際、劣化ウラン弾による爆撃に遭遇し、被爆。
そのためムスタファは兄と同様、生まれながらにして盲目。
という音楽家です。
ずっと気になっていた音楽家だったので、演奏を聴きに行ってきました。
急な自費来日ということで、演奏会の情報はほぼ口コミ。
しかし小ホールのキャパをはるかに超える人々が集まっていました。
どうやら、原発関係の運動をしている人々が2/3、アラブ音楽ファンが1/3
くらいな感じだったみたい?
目的はそれぞれ(?)でしたが、ムスタファさんの演奏にみんなすっかり惹きこまれ・・・
特に歌声が素晴らしく、アラブの有名な詩にのせた美しいメロディに
拍手喝采!!「ブラボー!」
ウードの生音と声だけで、これほど豊かな音楽を奏でるとは・・・
ぜひまた来日して、今度は有料でコンサートしてほしいです。

今回は2部で対談・質問コーナーなどあり、
原発のこと、宗教の事、などなど(時々あきれる質問まで)
色んな話題になってましたが、ムスタファさんの言葉は
一貫して表面的でなく、深いアラブ音楽・芸術への愛であふれていました。

まだ若い芸術家です。
これからますます注目だと思います!
プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク