FC2ブログ

汗 その2

Nomad Club初日を無事終了。
沢山のご来場ありがとうございました。
今回はよりそれぞれのバンドが光っているでしょう。
衣装から何から演出されてます。
見ごたえタッブリですよ!
そしてセッションでは・・・
ついにやってしまいました。。。ダンスセッション!
汗汗汗汗汗・・・・・・
飛び散る、飛び散る、飛び散る・・・・・
かかる、かかる、かかる・・・・ひー

明日(というか今日)は当日券も出る予定ですので
汗汗汗
したい方は、ぜひどうぞ!!!

20070427_1520_000.jpg

激しく床を打ち鳴らし、飛び散る汗!汗!
といえば、この方。
Nomad clubに出演するフラメンコダンサー稲田さんのリハ風景。
いやぁ、ものすごいスゴイ迫力で・・・
圧倒されました。
30分ほどの間にタオル2本、ずぶ濡れになってました

最前列の方は、覚悟したほうが良さそうですネ。

そういえば・・・カミングアウト

数日前に気付いたことなんですが。
ベリーダンス衣装で、不得手な分野があったんです。
ジプシー!
これを見たら娘達は驚くだろうなぁ。
毎年発表会ではどこかのクラスで必ずやってる演目だからね。
衣装も私が決めて、結構好評だもんねぇ。
・・・・そう、人に着てもらう場合は意外と問題ないの。
問題は自分なの、自分!
つーか似合わないのか???自分。
おそらく、この前髪がジプシー度を恐ろしく下げるんだろうな。
前髪隠しに頭に何か巻くと・・・・あっという間にアラビアンナイト 一段とジプシー度が下がるのであった。

なぜこんなことを悩んでいるかというと、NomadClubでkikiちゃんと扮装するわけなのです。
数日悩んで、ひらめきました。
kikiちゃんはジプシー衣装コーディネートのエキスパートであった!
最近発刊されたベリーダンス雑誌でもジプシー衣装のスタイリストしてました。これはもう・・・kikiマジックを少しお借りしないわけには参りません。
さて、どうなるのか!

久しぶりの結婚式

週末に、火曜クラスのTちゃんの結婚式に、賑やかしとしてお呼ばれしました。
久しぶりの晴れ間。
まさに結婚式日和!
プールのあるオシャレなレストランでのパーティー。
いいものですね~
ベリーダンスは結婚式とは切っても切り離せないものです。
メデタイ!
411043193_111.jpg

Nomad Club

まで、あと10日です~

29日、30日ともプログラムは同じですが、
フラメンコ・バンドのほうの出演者が一部変わります。
マニアには気になるところでしょう~
29日のほうにはベースにコモブチキイチロウさん。
香港育ちの、超凄腕ベーシストです。
2月の月見ルでのイベントを見た方は分かると思いますが、
とっても素敵なんですよ~
私の大好きな島田歌穂さんともよくライブやってらっしゃいます。
30日のほうにはアラディーンの安藤君が掛け持ちでベースに入り、
先日のサルサ・イベントで最もファインプレーして光っていたサックス奏者の方もこの日に参戦するそうです。
と、ということは・・・!
30日のセッションタイムには
テディさんとともにダブル・サックスが炸裂ってことでしょう!

アラディーンのほうも、新曲もやる予定。
kikiちゃんと私も衣装やらに追われる日々。
Nomadならではのショーを展開します。

それにしても、これだけの人数、実力あるミュージシャン達が
集結してのイベントは注目です!

両日ともに、お席が残り少なくなってきております!
(30日のほうがまだ少し余裕あります)
立ち見の詰め込みではなく、お席をご用意してのイベントです。
また、定員になり次第、締切となりますので
どうぞお早目のご予約をお願い致します。

2007年4月29日(日)&30日(月・祝)

ワールドミュージック&ダンス・フェスティバル
Nomad Club ノーマッドクラブ~放浪者たちの宴~ Vol. 2
@月見ル君想フ(青山)

開場 17:00
開演 18:00
チャージ 前売り 3500円+1ドリンク(500円)
      当日  4000円+1ドリンク(500円)

★店頭発売・インターネット予約
3月8日16:00~4月28日22:00迄
※公演日/お名前/枚数/電話番号を必ず明記下さい。
ご予約はこちら→ticket@moonromantic.com
★電話予約 03-5474-8115
3月8日~4月28日 (受付時間16:00~22:00)

※各日120名様(計240名様)までで締め切らせていただきますのでご了承ください。


出演/
長尾ゆうたろうバンド(フラメンコ)   
長尾ゆうたろう(ギター)
今泉孝文(ギター)
内藤哲郎(ドラム)
コモブチ・キイチロウ(ベース:29日のみの出演です)
スペシャルゲスト:稲田進(フラメンコダンス)
スペシャルゲスト:大渕博光(ヴォーカル)

アラディーン(ジプシー風オリエンタル音楽)
テディ熊谷(フルート)
及川景子(ヴァイオリン)
松尾賢(ウード)
檜山学(アコーディオン)
空中紳士(ダラブッカ)
平井ペタシ陽一(レク&ドホンラ)
安藤亮輔(ベース)

Kiki(ベリーダンス)
Noel(ベリーダンス)

オルソ・ブルーノ(ワールドコンテンポラリー)
檜山学(アコーディオン)
テディ熊谷(テナーサックス)


昨今ブームを巻き起こしつつあるベリーダンスとフラメンコ
待望の合同イベント第2弾!
好評につき、2日間連続開催となります。
各界を担う若手アーティスト達による「歌」と「踊り」と「夢」の供宴!

踊り三昧

見るほう。
昨日は、スタジオの生徒さん達主催の内輪のパーティーに
ご招待いただきました。
クラスの娘達数名が出るので、楽しみに見に行きました~。
実は行くつもり満々でいたんですがあえて「行けないかも」
なんてひねくれた事言って、抜き打ちで行っちゃったのです。笑
オリジナリティ溢れる踊りと和気藹々な雰囲気が良かった。
個人レッスンで頑張ったAちゃん、アラディーンの十八番の
曲「アフェダルスン」で踊ったOちゃん、、、、嬉しいねぇ。

今日は大好きなダンサー落合ユミさんの教室の公演へ。
演劇出身のユミさんらしい、細部にわたっての粋な演出。
ビギナーの生徒さんも、ベテランダンサーさんも一体となって
一つの作品を創っていて、見ていてまったく飽きない展開。
ユミさんのセンスと舞台への愛情を感じました。
もしかして・・・先日観たスーパースターズの公演よりも
ショーアップされていたかも!
もはや発表会の域は超えていました。
そしてユミさんのソロダンスは本当に素晴らしく・・・
感動!同行のCさんTちゃんは感涙。
幸せな気持ちになりました。

築地だったもので、寿司屋へ・・・
目当ての店が行列で、隣の空いてる店に入ったら・・・・・
ちょっとだけ幸せの度合いが下がりました


迷惑メール

多いです、ほんとに。
PCの仕事用メールアドレスに毎日毎日100件くらい。
なんでこんなに来るのかというと、たぶん、教室のHPに
掲載されているせいではないかと思います。
毎日削除するのが大仕事なわけで、
内容をチラ見してから削除してるつもりなんですけど、
削除してはならないものも絶対に削除してそう。
アメリカのフェスティバルに行く時のホテルからの確認メール
だとか、いくつかやってしまった。
この分では、きっと関係者の方からのメールも削除してしまってるに
ちがいない・・・
関係者の皆さん、メールのタイトルなどにご注意頂けると
助かります。
「こんにちは」「宜しくお願いします」とかはヤバイです。
お名前など書き込んでいただけると確実です。


今は八重桜が綺麗ですねぇ。
ソメイヨシノばかりが注目されていますが、
私は八重桜も大好きです。こんもりしてて、カワイイ。
ちょっと桜餅みたいだよな。。。写真撮り忘れた。

君の瞳に恋してる

昨夜、Nomad Clubのリハがありました。
アラディーンが久々に新曲2曲にトライすることに。
2曲とも歌モノなんですけど、もうどうしようもなく昨夜から
耳に残って仕方ないのが「Nour El Ain」。
意味は「目の光」・・・・なんですが、とにかくHabibi Habibiの連発で、
こうなってくると「君の瞳に恋してる」とか「君の瞳を逮捕する」(くさっ)って意味なんだろうと思います。
そんな熱い歌を、意外なメンバーがコーラス参加する予定です。
私も今回は歌うかもしれないですー。
発声練習しなくちゃぁ?!
と思ってまず出てきたのは「レ・ミゼラブル」だった。。。
学生時代から発声練習はこれなのだよ。

何人かの人に質問をうけたので
Nomad ClubのCDに入るアラディーンの曲は
ィァグバリ、ディナレサーデ、ベリーダンスと音楽の夜
です。その他、コーヒールンバにも参加。
どれもライブでお馴染みの曲。

写真UPしました

HPのギャラリーに新しく写真をUPしました。(3枚だけだけど・・)
先月出演したサンフランシスコのRakkasahでの写真です。
毎年写真を沢山撮ってくれるCarlさん撮影のものです。
私の中では、アメリカのナムさん。
人柄が優しくて温かいところも似ています。
この黄色衣装を買って半年も経っていないというのに
「去年も黄色だったね」とか
「あの黄色は君のメイン・コスチュームなの?」と
何人かの方に言われました。(アメリカの人に)
去年はブルーだったし!
毎年替えてますからぁ!
・・・・・人の印象というのは曖昧なものなのですね。

話は飛んで
また昨日ライブ三昧してきました。
Nomad Clubでもご一緒するUTバンドが
サルサのビッグバンド「カモンカモン」のイベントに出演。
向こうは10人編成でラッパだの、コーラスだの、コンガだのって大賑わい。
どんなセッションになるのかと思ってみてましたが・・・
UTバンドの十八番「エル・カミーノ」に
カモンカモンのベース、コンガ、サックスが入る形でした!
これがかなり良かった!
あまりに良かったのでNomad Clubに、この時最高にファインプレーをした方が出演することになりました!
さて、何が入るのか、どんなプレーが見られるのかは当日のお楽しみ。

アラディーンのほうも着々と準備が。乞うご期待。
Nomad Club 4月29日&30日
@月見ル君想フhttp://www.moonromantic.com/

今日のマグレブ

実は1ヶ月ぶり。
アメリカのラッカーサ・フェスティバルに出演したので
先月の第3週目はお休みしたのであります。

1年ぶりに会う高校の同級生が現れた!
一旦やめていた仕事を復帰、バリバリ働いてる。
頑張る人は美しいネ。

さて、今日は今月末に発売となるNomad Clubの
CDの中から「コーヒールンバ」をショーの中に組み入れてみました。
日本人には歌謡曲としても馴染みのある、あの曲!
Nomad Clubのバージョンはアコーディオンの音色がなんともいえない雰囲気を創り出していて、とても素敵です。
ベリーダンスを初めて見る人が多いレストランショーにおいて、
こういった誰もが知る曲が流れるのは良いよね~


今日の賄い。
チキンタジン(チキンとジャガイモの煮物)にハリラ・スープ

ライブ三昧~

昨日今日とライブ三昧です。
昨日は某トルコの、セマ先生曰く「クレイジーな」バンド、ババズーラ。
今日は我らが師匠、日本が世界に誇るウード奏者常味さん率いる楽団
「Farha」。

180度世界が違いますね。
ババズーラはトルコの若者が自分達の伝統音楽に思いっきり現代の西洋を取り入れたというか・・・思いっきり電子系。
クラブイベントになっていて、立ち見だったもので、
実は混雑に弱い私は貧血起こして、ほとんど見れずに退散

一方、今日のFarha@音や金時
すべて生音。じっくりと聴かせていただきました。
今日の編成は
海沼正利(カーヌーン) 平松加奈、太田惠資(バイオリン) 大坪寛彦(コントラバス)
和田 啓(レック) 常味裕司(ウード)

アブドゥル・ワッハーブの楽曲を中心に、Farhaならではの
アレンジを加え、まったく聴く人を飽きさせない変化に富んだ音、
素晴らしいの一言です。
素晴らしいミュージシャンの集結!!即興部分では聴く人を笑わせたり、泣かせたり・・・
アラブ音楽ってなんてドラマティックで美しいのだろう~
いいライブに行けて幸せ
今日は私の思い出の曲(?)「永遠なるナイル」がだいぶ違って聴こえました。
有難いことに、Farhaの皆さんはこの曲でいつも私を連想してくださるそうで、今日も感想を聞かれて「今日のナイルはいつもより蛇行してましたね」と言うと、「バイオリンに太田さんが入ったからだよ」と。
一人入れ替わっても、その一人から発せられるものに全体が反応する、
というものだそうです。
その反応や、お互いの探りあいみたいなのが見えるのがライブの面白さ。

それにしても、トルコの人が西洋趣向な音楽をもって来日して、
日本の楽団が現地以上にアラブな音楽を国内で展開してるなんて、
面白いなぁ。




踊りは深いなぁ

と日々思いますが、いろんな形やスタンスでこの踊りに係わる人を見るにつけ、ますますそう思うのであります。
一つ言えると思うのは、これはやっぱり芸事なんです。
芸は一日にしてならずですし、お金でも買えない。
芸と向き合う心がないと、扉は開かない。
その扉は自分で開けるしかない。
そう思う私って厳しいのかな?

日本のにおい

初めて降り立つ国の空港で、その国のにおいをまず感じます。
なつかしー!と思うのはオランダ。酪農のにおい。
ニュージーランドもこれに似ています。
空港の周りは牧草地が広がるところも同じだし。
コレだよと思うのはアメリカ。シナモンとか砂糖の太りそうな(笑)におい。
韓国はキムチ。盛り上がる感じ。
台湾は八角のような美味しそうな香辛料。屋台に直行したくなる。
でも日本はあまり気付かなかった・・・・
今回帰国して初めて気付いてしまいました!!!
かつおダシのめんつゆ!!!!!!

ベリーダンススーパースターズを観に

台北に行ってきました!
スーパースターズの公演はもちろん初めて。
CDやDVDではおなじみですが・・・

東京でいうところのお台場のような新しく、展示会場立ち並ぶ町で
東京国際フォーラムのような大きな大きな会場!
一体何階席まであるんだろうか??
そんな大きな会場でなんと前から4列目の席だったのです。
手配してくれた方に感謝です。
そんな大きな会場で2日間もやるというので、どれほど
ベリーダンスファンがいるんだろうか・・・
九州より小さい国だっていうのに!
ところが、ほとんどがベリーダンスとは関係のなさそうな
お客さんでした。
一般のプロモーターが彼女たちを招いたそうなので、そうなったのでしょう。
そんなことを意識してか、ショーの内容もショーアップ(といっていいのか分からないけど)されていて、誰が見ても分かりやすいというか、
バレエやジャズの要素も大いに取り入れての内容だったと思います。
(もろにトゥシューズで踊るダンサーもいたりして・・)
展開の早さもジャズ的。
初心者にとっつきやすい、って感じでしょうか。
お客さんたちもノリがよくて、いわゆるベリーダンスファンによる
掛け声ではなくて「きゃー」という感じ。
たまにテレビで見る、日本のアイドルが台湾に行って熱烈歓迎を受けるような、あの感じ。 笑
私個人的な感想としては、
Jilinaの踊りをもっともっと観たかったなぁー。
いわゆる「古株}は彼女とsoniaしかいなくて、あとは新しいメンバーだったのですが、さすが貫禄が違いますわ。
・・・・とマニアは思うのですが
初めて観る人には、こんなのが丁度いいのでしょう。
複雑な気持ちです。
ベリーダンスを普及させようとすると、こうなっちゃうのかと。
まだ浸透していない分野だからスポンサーがつかないからなのか
随分と予算がないんだなー・・・と思うような音響・照明なのが
少し気になりましたが、
それでも世界を回って頑張ってる彼女たちに拍手です!




プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク