FC2ブログ

ハフラ

3月に開催予定だった生徒さん達のハフラ、
ようやく今日、開催出来ました。
無観客ですが、ハフラ本来の「ホームパーティ」な感じがあって良かったかなと。
当初出演予定だったメンバー全員ではありませんが、、、
この半年で色々ありましたが、
今日のメンバーの踊りを見て、
ものすごーくレベルアップしていて
感動的でした。
クラスレッスンが休止中、オンラインで
結構ストイックにトレーニングをしたのですが、
クラス再開後もそのままトレーニングを続けたので、メンバーみんな本当に変わったなぁ、という印象。
重心も変わり、体幹が強くなった。
結果、自分のやりたい動きが出来る様になる。
表現の幅が広がる。
という事かなと。
ほぼ全員が自作の振付というのも良かったなぁと。
自分の身体をしっかり使って踊っているので、
とても見栄えが良い。
うわー、この人たちの先生誰だっけ、
え、私か!
凄いなー!
なんて思ってしまいました😆
あまりにレベル高いハフラだったので、
そのうち観客を入れて公開で開催出来たら良いなと思います。。。
ひそかな楽しみが出来ました。

生徒さん達に教わる事は多い。

今日はメンバー達の踊りに沢山のパワーをいただきました。

そしてオリエンタルダンスの素晴らしさも改めて感じました。それぞれのキャラクター、年齢に応じて表現を出来る踊りってなかなか無いと思います。
なんと素晴らしい宝物を見つけたことか。
より多くの人達と共有出来ますように✨



むずかしい

今年は海外の劇場の日本公演を沢山観ようと思っていたけれど、この状況。。
思えば2月に観たパリ・オペラ座公演は奇跡だった。
つくづく、こういうものは観られる時に観るべきだと思いました!
年末はボリジョイ劇場の公演を観ようと、チケットを早々に買っていたけど、やはり中止が決定。
もはや国を跨いだ移動も難しいご時世になり、、、まさかこんな事になろうとは。
ボリジョイ、チケット買うのもだいぶややこしかったけれど、
払戻手続きもまたややこしかった。
あの手続きを経てチケットを買えた人なら、
頑張れるということかな。
最終的には紙が郵送されてきて、郵便局で受け取るらしい。
最後はアナログ。

劇場のチケットって、本来は窓口で買うものだったと思いますが、
今はオンラインでいつでも買えるけれど、それも意外と大変。セキュリティの問題があるから仕方ないけれど、パスワードも忘れがちだし、本人確認の自分にしか分からない謎の質問が質問自体が謎過ぎて登録時どう答えたのか謎😅
そういうのはメモ帳に手書きするという案もよく聞きます。
結局はアナログが一番確実⁈

最近周りでオンラインイベントが増えてきましたが、これもまたチケットを買うバージョンと、投げ銭するバージョンがあり、まだまだ皆んな不慣れ。
これからもっとわかりやすいシステムが出来てくるといいなぁとは思いますが、、
そもそも、チケット買って観るアートは
買う手間も含めて楽しみだったりするから、
少々難しくていいのかな。。


ダンスと言葉

ダンスは言葉の無い表現なので
国境も関係なく楽しめる芸術。

なので、習うのも踊るのも、言葉は要らないなんて思ってた事もあります。ティーンの頃とかね。
実際長いこと目で見て学んできました。
子供の頃のバレエは先生が触って(叩いて)教えてました。(これはこれで凄かった。筋肉の記憶に)
オトナになると圧倒的に目で見て学ぶ方式。
ジャズダンスクラスだと、常にぶっちぎり上手い古株がいて
先生のお手本、そしてその古株を見ながら
ついてゆく、、、みたいな。
だいぶ無理もしていたような。
オリエンタルの世界に入ってから、
初めてガッツリと理論に出会いました。
海外からの先生達により、、、
そこで思ったのは、理論があることで、
誤解から来る不要な力みがなくなること。
ダンスを学ぶ上で言葉を理解するのが重要なのだ、
と思い知ったのでした。
オリエンタルダンスは大人になってから始める人が多いので、海外のマスターティーチャー達が
理論を打ち立てたのでしょう。
大人は頭で理解してから動かないと、ヤバいってことです。
私はハディア先生のメソッドでそれまで腰が痛かったのから解放されました。

視覚というのは曖昧。
よくある刑事ドラマで、目撃証言が意外とあてにならないってやつ。
ダンスだと、顔の表情から手先の動きまで、
物凄い情報量です。
それを正確に分析して理解して記憶するのは大変。
人間は知ってる事しか理解出来ない事もあるようで、初心者には誤解も生じやすい。
なので言葉によるサポートが必要なのです。
ダンスは言葉だけでは伝えられない部分ももちろんあるけれど。

最近になって、とあるダンス用語の語源を知り、
ありゃー誤解してたわーなんて事がありました。
誤解してるから苦手だったんだと。
これはオリエンタルには出てこないやつですけど、
こうやって誤解してること他にもあるのだろうなと。。

というわけで、
言葉の理解力、つけたいもんです。
そして、
生徒達にはちゃんと伝わるよにせねばと。


夏になると、世にも奇妙な物語みたいな話を聞きますが、、、

いまだに謎だなーと思う現象を思い出しました。
もしかしたら、10年位前?ですが、、、
富山での公演に出演した時の珍現象。
公演後、打ち上げを終えてホテルに戻り、
フロントで鍵を受け取り(カードでなく鍵だった)
ドアを開けようと鍵に触ったら、
なんかコレ柔らかいかもーと思い指でさすったら、
真ん中からグニャリと90°曲がり、、、、、
これではドア開けられないので戻そうとしたけど折れる気がしたので
そのまま曲がった鍵を持ってフロントに戻り、
「あのう、鍵が曲がったんですが」
「はい、、、、」
一瞬の沈黙があったけど、ほぼ顔色変えずとても冷静に対応して頂きました。
ステージメイクのままだったので、
マジシャンだと思われたかな。。。

それ以降、金属類を曲げられた事はありません。


さて、
夏は身体をストレッチしたり、大きく動かすのに最適な季節!
クラスではガッツリとストレッチをしています。
結構キツい。
けど、生徒さん達のフォルムが変わってきた。
効果てきめん、身長が伸びる人続出。
夏の間にどんどん伸ばそう。
スタジオレッスンが出来るのはありがたいことです!
出来る時にちゃんとやっておこう、
皆さんもそんな気持ちなのかな。





宝探し

小学生の頃
学校へ向かいながら、色んな物を拾ったり探したりに夢中になり、学校遅刻、、、、。
かわいい花だっり、形の良い木の枝や木の実などなど、宝物を探すのが楽しかったなぁ、、、
と思い出したきっかけは、
自粛期間中に参加したFacebookのストレッチグループ。
郊外に住むメンバーが「ドクダミ化粧水」の作り方をzoomでワークショップしてくれた事。
zoomなので各自、その日までに材料のドクダミを収集せねばならない、、、。
ドクダミ⁈
昔そんなの生えてたなぁ、、、くらいな認識。
そんなものは身の回りから消えてるだろうと思っていたけど、探してみると、結構ある。
しかし他人の敷地でなく、清潔なもの、となると
かなりハードルが上がる。
そこから当日まで、宝探しならぬドクダミ探しが始まった。
散歩がてら、生えてそうな場所を探し回る日々。
これが楽しくなってきて、
なんだろう、この感覚は、、、、
と考えたら、
自分の宝探し好きに気付いたのであります。
子供の頃の宝探し、
大人になってからでは、
オリエンタルダンス!
これは私にとって宝探しとまったく同じなのでした。
特に私が始め20年位前、、、
情報ゼロ、国内ではヒップスカーフすら売ってない時ですから。
なにかオリエンタルダンスに関わるようなものを見つけるのが生きがいみたいになってました。
アラブ音楽のCDを売ってる店がある!
レッスンに使えそうなスカーフが売ってる!
衣装になりそうなアクセサリーがある!
常に宝物を探す日々。
失敗もたくさんしたけど、
探し出す喜びの大きさといったら。
この広い東京全部が宝探し会場で、
小さな宝探しのために色んな所へ探しに行った。
そういう情熱はあるんですね、なんだか。
滅多にないショーも全て観たいので
足を運ぶと、次なるショーのチラシが手に入る。
これは次なる宝物の地図。
トレジャーハンターにはたまらない日々でございました。。。。
ハマった理由は、この宝探し的な要素が大きいと思う。

ポチっと買えたりすると、このワクワクは無いな。

情報が溢れかえると、逆に真の宝物が埋もれている事もあり、難しくなってるような気もする。
特に今、オンラインの世界まであって、忙しい。
自分の宝物をしっかり探していかねば。

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク