fc2ブログ

夏旅行〜巡礼の旅への珍道中②

いよいよ3人無事に揃って新幹線に乗るはずだったのに。
LINEでお互い確認していたのに。
フーリアはまさかの反対側のホームに行ってしまっていたのでした。
これまで何回関西に行ってるんだ、あの人。。
禊ぎが足りなかったのか。
又は神様に試されてるのか。。
まったく油断ならんと再び気を引き締めた3人。
(フーリアは次の便で追いかけて来ました)

結局、1時間ほどの遅れで
無事に大和八木駅で服飾デザイナーの尚さんと、
娘さんに合流しました。
さらにそこから十津川村へは車で山道を2時間。
秘境と呼ばれる所は、簡単には行けないのだと
思い知りました。

日本一雨の多い地域だそうですが、
滞在中は一度も降らず、
神々に迎えられた感じがしましたよ。
(ビギナーズラック?)

旅の始まりがスリリングだったけれど、
後は流れるように巡礼の旅が進んで行きました。
今回のメインである、祭事。
瀞峡川の神様を鎮めて川の安全を祈る儀式で、
今年が初開催という事でした。
村の氏神である山頂の玉置神社の宮司さんが川まで降りてきてご祈祷し、ボートに乗って玉石を川に投げ入れる。というのに参列しました。
川は澄んでとても美しいけれど、
過去に大洪水なども起こったそうです。
祭事の後は
熊野本宮大社にも行けた。
熊野詣の大本命の神宮なんですかね。
これまでの悪事もここを詣でれば、カウントゼロになる。
とな!
47回も訪れたという史実が残ってるやんごとなき方もいたそうです。(どんな悪事を、、、!)
やんごとなき方ですから、ご自分は籠に乗っていただけのようです。運んだ方々の体力が凄い。

最終日は旅の本命
山頂の玉置神社へ。
ここまで順調でもまだ油断ならぬ。
こここそ、呼ばれないと辿り着けぬ。
十津川村から車で恐ろしい急カーブで急勾配の山道を1時間半かけて登る。
車酔いも普通のようです。
地元でない人の運転は崖や落石が危険なので、勧めません。
手に汗握ること1時間半。
今度は駐車場から20分山道を歩く。
とことんハードルは高い。
鬱蒼とした森林の中を歩くと、
更に浄化させていく感じがあった。
到着!

202207201853322d3.jpeg


かなり神秘的な神社でした。
このお社というより、この山そのものに神が宿ってる感じ。
無事にお参りして駐車場へ戻る時に事件が。
山道では、すれ違う人たちと挨拶をするのですが、
反対側からイカツイ感じのヤンキー風な二人連れが。
へー、こんな感じの人達も信心深いのね、と思い、
でも挨拶もせずに(スルーされた)すれ違った直後、
彼らの目の前で落石!!!!
初めて落石見ました。
恐ろしい。。。!!!
でも誰にも当たらずに本当に良かったですが、、、

呼ばれてないかも、あの2人

とメンバーみんな思いました。
あれを見たので、下山も慎重に。
(酔った人もいたけど)

帰りは天河神社にも立ち寄り、
無事に帰京しました!

翌日は大雨で新幹線も止まったりしているニュースを見て、
本当に無事に呼んで頂けて良かったと思いました!

思いがけず茅の輪をくぐり、
巡礼の旅が出来た今回思ったのは、
聖地は行きたいと思って行く所ではなく、
呼ばれる時は呼ばれる、という事と、
日本の自然そのものが神様である、
という事。

他にも色々あるけど、怪しくなるので、
このへんで。

夏旅行〜巡礼の旅への珍道中

久しぶりの夏旅行。
コロナ禍以前は夏は毎年カメリア師匠の東京公演で
1番忙しい時期。毎年8月末日に公演を終えると、秋になってました、、、。
コロナ禍では公演は無いけど、旅行も行けず。
今年は両方が解除!
旅行運がかなり上がっているのか、友人ダンサー達から
旅に誘われ、楽しい。

先日は、八ヶ岳に移住したスーランの新居見物をかねて、美しい麓の村々を見物。
最近は東京からの移住者が多いそうで、
お洒落な古民家カフェなんかもありました。
連れて行ってもらった「みそぎ神社」では
何故か、茅の輪が置いてあった!
20220720174656bab.jpeg

夏至を過ぎていたのに、思いがけず茅の輪をくぐる事が出来たのでした。
思えば、ここから始まった。

翌週は家族旅行で女満別で温泉♨️
北海道のワイルドな温泉を堪能。
何がワイルドって、
硫黄が濃過ぎるので、基本的に野天風呂。
(多分室内だと危険なレベル)
お陰でかなり浄化が進みました。

東京に戻った直後、今度はフーリアからお誘いが。
十津川村の祭事に行く話。
どこの何かも分からないけど、行くことに。

行くと決めてから調べたところ、
熊野の山岳地の頂上にある神社で
神様に呼ばれた人しか辿り着けない所と言われていると知った。
更に、辿り着く人にも2種類。

縁のある人は身を清め、心を正しくして生活しないと参拝を計画してもトラブルに見舞われ参拝できなくなるので、日頃から身を清め精進しなければならない。
縁のない人は山の獣と同等扱いにされ問題なく参拝できる。

これ、ハードルが高すぎないか?

これはもう、旅行ではない。
巡礼。

東京からの巡礼メンバーは千夜一夜の3人
フーリア、サヒラ、私はかなりドキドキしながら旅の準備やら調整を1週間で進めました。
無事に当日を迎え、新幹線のホームに行くと、
フーリアがいないw
発車しても、席に来ないw
精進が足りなかったのか???
まさかの旅の始まり。

つづく

徒然日記

その時には当たり前のように思っていた事が、
実はとても貴重でありがたい事なんだと
コロナ禍でより思うようになりました。
そんな人、多いかもしれません。

先日、1人の大切な先生を亡くしました。
ベリーダンスの教授法の先生です。
私の生徒さん達にはお馴染みなので、
名前はここではだしません。
2008年頃から10年くらいかけて、
なんとか最高レベルまで学ぶ事が出来ましたが、
今思えば、奇跡のような。
当時夢中になって参加していたアメリカのラッカーサフェスティバルで先生に出会い、
こんな先生がアメリカ(カナダだけど)にいるんだ!
と衝撃的でした。
先生がサラリと踊っているエジプシャンスタイルの踊りは、今までの見様見真似の方法では明らかに出来なさそうだと思ったのが第一印象。
この出会いの数ヶ月後に、
先生がバリ島でアジアで初めてのティーチャートレーニングを開催、
私は友人ダンサーとともに参加しに行ったのでした。
ここで私的に大革命が起き、
レッスンスタイルを全て変えて
そして、更新しながら今日に至る。。。

毎年のように先生に会うチャンスに恵まれて、
ティーチングメソッドを更新しながら繰り返し
10年はあっという間。

教えたいと思ってる先生がいてくださって、
国境や言葉の壁を乗り越えて学べる環境があって、
(国際情勢なども、、)
私や周りのダンサー達も学ぶ気満々。
全てが揃っていたのは奇跡。

また次はいつ会えるのかな、学べるのかなと
思っていたけれど、、、、
世界情勢も先生の状況も、もう揃わなかった。

そして次の課題が浮き彫りになった気がする。
先生の教えを
まだまだ伝えきれていない。
これもまた、揃わないといけないんだ。
1番伝えなくてはいけないと思っていることがあるのだけど、、、まだそこに行き着いていないかもしれない。

新たな目標が出来ました。


ライブ三昧🌸

この1週間でライブに三つ行きました🌸
\(^^)/
年明けから3月上旬頃までのヤバい波が引きまして
(ショーを控えてる時期に身の周りでコロナ大流行で、身動き取れませんでした)
まん防も明け、桜も咲いて
ようやく色んなイベントも少し戻ってきた感じ🌸

初のユーミンのショー(本人がコンサートでなく「ショー」と言っていたので)@神奈川県民ホール
一度観てみたかったので、念願叶ったり。
MCほぼ無しで2時間、歌い踊り早着替え。
アルバム「深海の街」をテーマに、
潜水艦に見立てたステージで旅をする、、、
ストーリー性のある華やかでお洒落なショーでした。
ユーミンはいついかなる時もユーミン。
活動50年、、、50年ユーミンで居続けるのは凄過ぎる。
レジェンドのエネルギーを感じられて
良い時間でした!

翌日は、10何年前、共にカメリアショーのオーディションに
合格してショーデビューしたShalaちゃんの公演。
長年ソロ公演をやってるのは知ってましたが、
初めて観てきました。
モダンダンスがベースの彼女は、今はやはり
原点に帰っているよう。
自由で美しい表現が彼女にぴったり!
2部では生演奏でロックな表現。
自分の表現を探求し続けるカッコいいShalaちゃん!

そして昨日は、
コロナ禍に入りかけた時に
共演させて頂いたトルコ音楽のバンド
アナトリアン・リューヤの初の音楽ライブ!
(ダンスが入らないのは初だそう)
とにかくメンバーが素晴らしいミュージシャンばかりで、それぞれが年間200本のライブをこなしてるような方達なので、メンバーが揃うのが大変だそう。
ライブのお知らせを見て迷わず即予約。
海沼さん、太田さん、大熊さん、ミッチーにタクシーマ、そしてゲストで加奈さん。
これ、行かない方がおかしいでしょ、
ということで。
ものすごい集中力でライブは進み、
それぞれの凄腕をステージ上でぶつけ合う感じが堪りません。これがライブの醍醐味だよね!
最後のトドメ的な「太田のトルコ」はまだぐるぐる回ってる。
興奮冷めやらぬ状態で茅ヶ崎から帰りました。
こういうのは、電車に1時間位乗って帰るのが
丁度良い。クールダウンになるし、
一緒に観てた友と語り合う事で、更に楽しい。
そういえばコロナ前はこういうライブをよく楽しんでたよなー、、、、と思い出し、、、
こういう所を削除していくコロナ禍生活はもう嫌ですね。。。
ダンスのショーもだけれど。
ちなみに、
この様な情報はどこで得るのかと言いますと、
残念ながらInstagramとかTikTokじゃないんですよー。
Facebookがメインです、音楽ライブに関しては。
ご参考までに。

やっぱりライブ大好きです!!!!!!
この感覚、久しぶりに取り戻しました。

今月はまだライブ行くぞ💪🏼




ムリウイライブありがとうございました✨

確定申告などありまして
少し時間があきましたが、、
先日のカフェ・ムリウイでのライブ
とても暖かい日でまさにライブ日和!
屋上テラスも気持ち良く、楽しいひと時を
ご来場の皆様と共に過ごせました!
ありがとうございました✨✨✨
千夜一夜から連続で来て下さった方、
アラブ音楽ファンの方達、
こんな時だからこそ?の顔触れが揃ったように思います。ライブは一期一会ですね。

当日、立岩さんのダルブッカ教室の生徒さんが飛び入りして、とても華やかな演奏になりました👏

長年の生徒さんが「やっぱりライブは最高だなぁ」
と、しみじみ語ってました。
コロナ禍で減ってしまったことの第一は
時間と空間をリアルに共有する体験だと思います。
どんどんこういう事がなくなって、それが当たり前になってしまうと、やばいなぁー、、、と思ってます。

カフェ・ムリウイは小さな空間なので
楽器にマイクを通さず、生の音で演奏しました。
こういうのも贅沢だと思います。

久しぶりの一人での2ステージのダンスパフォーマンス。
そうだそうだ、こんなに結構大変だったんだよな、
と思い出しながらでした😅
こういうのも、なくなってはいけない一つ。。
見渡してみると、今こんなことやってる人
いませんね。。。
よくやった私。誰も褒めてくれないので、
自分で👏👏👏

色々な事が起きている世の中ですが
何事も、行ける時に行き出来る時にやる。
これに尽きる。
出来ない行けない理由を探すのでなく、
やる方法を探す。
それが今を生きることなんだろうな。
プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア
ハムサ
開運•魔除けブログパーツ
最近の記事
カテゴリー
リンク