INDEX    RSS    ADMIN

今からでは遅すぎる?

ガマール先生のワークショップ週間も終わり、
明日帰国されるそうです。
本当に、今回はショーの演出をしていただいて、
ワークショップ受けただけでは得られないような、
色々なものを受け取れた気がします。
ありがとうございました!
ダンスの時間以外は言葉の壁を感じるのですが、
演出されている時など、なぜか外国語に聞こえないんです。ダンスにおける共通の何か、なのかな。

そうこうしてると、桜が満開、
桜は綺麗でいいけど、
もう冬終わりかー、、、
最近冬が終わるとそのまま夏になってしまうので気が重い。夏、蚊がいるので(笑)

今日、ある記事が目に留まった。
でもすぐにどこかにいってしまったので
書き留めておきます。
90歳のお婆さんの話。
彼女が唯一、人生で後悔していること。
60歳になった時にバイオリンを習ってみたいと思ったけれど、もう60歳だから遅すぎるなと諦めたこと。 あれから30年も習えたのに!
という記事でした。
たしかに、30年も習ったら、好きな曲を弾ける様になっていたことでしょう!
80歳から始めていたって10年。
それなりに弾けていただろうなぁー。
たしかに、やっておけば良かったよ、お婆さん!
でももしかしたら100歳までいけるかもしれないし、今からでもやったらどうですかねー。

先日、レッスンへ向かう電車の隣の席に
20代OLさん二人が座って来て、習い事の話しをし始めました。
運動不足だし、ダンスでもやりたい様子で、何のダンスが良いかという話題。
15年前じゃ有り得なかったけど
「ベリーダンス」という言葉も出て来ました。
(もう、耳がマギー司郎👂)
どういう評価なのかなーと聞いていると、
「無理無理」
一人のほうの会社の同僚が習っていて、
レストランでやってた発表会みたいなやつを観て
(ああ、ハフラか、危険な予感、、、)
体型が気になって。
そうだよねー、痩せてからじゃないとヤバイ。
という結果でした。
なんとも残念。
痩せてからやる、では
90歳のお婆さんになっても痩せてないかもしれないですね。
踊るうちに体型は変わります。
何もしなければ、何も変わらない。

それと似たような事では、
やり始めて何年か経ったけど、もっとちゃんとやりたい。
というケース。
最近この様な方によく会います。
先日もその理由で私のクラスに入って来た方が。
ある意味、「始める」よりハードル高いかも。
内心「足りない」と思っていても、だいたい出来ている訳だし、環境を変えるのも大変そう、とか。
そして、ちゃんとやるって
想像以上に地味ですから!!!!
でも、体型も変わるし
長く楽しめるようになると思いますので、
ちゃんとやるのをオススメします。

Dance is、、、

踊りとは、あなたにとって何ですか?

というのが、Vision of Danceのテーマでもありました。
とっても良い公演に参加できて本当に良かったです!

ホワイエに置かれた模造紙に、お客様自身のDance isについて書き込む、という事をしていて、
楽しみ、喜び、自分を解放、などなど、沢山の言葉が書かれていました。
やはり、ダンスって楽しいし、癒しなんですね、人間にとって、、、

今回ガマール先生の演出で踊れてとても楽しかったです!
こうしてみたら?というアイデアを1つ頂いて、それを膨らませてやって見せて、また次のアイデアへ繋がる、という作業の繰り返しだったのですが、
リハーサルのたびにエスカレート?していって、
当日の本番直前のリハではついに「普通に踊るな」的な!(笑)←ソロダンスのシーンです
スタジオでのリハーサル、通し稽古では見えないものが、本番当日の照明がついた所でようやく見えてくるものってあるので、
本番直前に演技の変更というのも、出てきて当然です。
それがプロフェッショナル、だと思います。

今回はバラディを踊り?ましたが、
なぜこれを選んだかというと(選曲は自由でした)、
私にとってバラディは永遠のテーマ、、、、
多分殆どの外国人オリエンタルダンサーが
一生かけて学ぶもの?
という意識があったので
エジプト人であるガマール先生の解釈に興味があった、、、
という半分好奇心だったのです、実は。
それが、あんな事に。。。。。
ガマール先生のお母さんが、あんな感じて日常の中で
音楽やダンスを楽しんでいたそうで(もちろん、あそこまではしないけど!)
その表現を日本人としてのアイデンティティを保つ事で日本の観客に訴えていく、
というのがガマール先生の面白い所だと思いました。
音楽やダンスを楽しむ心に国境は無い。
それを伝えて下さったのかなと思います。
お陰で先生からはCrazy Baladi Woman と呼ばれるようになりましたが、
バラディに対しての変なコンプレックスがお陰で消えました。
それにしても、
ホール公演で完全行き当たりばったりソロの即興パフォーマンス、という何か凄く面白い世界を覗いた気がします。ガマール先生の演出のもとだから安心して乗っかれたのだと思います。
(揺るぎない土台があるからこその、遊びの部分です。それが無い場合はやめましょうね、キケン)

今回のような公演、
10年ガマール先生が日本に来て指導を続けて下さったお陰で成り立ったものです。
先生との共通言語(技術、表現、ダンス哲学、先生のダンススタイルを理解できる事)を持つのが大前提、1人の先生に長年学び続けてこその信頼関係。
主催のアリフの2人の尽力に感謝です。

幻想的なシーン、笑ってしまうシーン、
色々あって
オリエンタルダンスの可能性を
観る方に伝えられたのではないでしょうか。

同日にボルボレッタスタジオ発表会も開催した事で、出演した生徒さん達にとっても
Vision of Danceはとても良い刺激となったようです^ ^
奥深い芸術の世界を共に楽しんでいきましょう!











3.11

3.11
昨日は趣味の教室へ行った後、
ボルボレッタスタジオの発表会の全体通し稽古、
そしてGamal監修公演Vision of Danceの通し稽古。
終了は22時を回っていて、お腹すいたー!
という疲労感と共に充実した時間に満足。
しみじみと、有り難みを感じますね。
7年前、
もうダメだ〜!と思う揺れからの、
なんと自転車こいで自主練場所に行ったのだけど、
近所の古い建物の瓦が落ちてるのを見て
これはダメだと思いながらも
今夜のショーの準備はせねば、、、
葛藤をギリギリまでしていたダンス馬鹿の私。
(その後、考え方かわりましたけど)
その後、もう生徒さん達や仲間にも会えないかなとか、
色々な事を思いました。。

昨日は東北の仲間達がショーをして喜びを分かち合う様子をFBなどにあげていて、
ほっこり。嬉しく思った。
彼女達とあの日の話しをしたのは、だいぶ経ってから。
へー、東京もそんなこわかったんですねー。
こわかったよー!
なんて話せた時も嬉しかったけど。

今やりたい事、今やるべき。
それが出来る事に感謝。
そう思って趣味のほうも思い切り楽しむ事にした。

そういえば7年前、一番自分を癒した音楽が
今もまだ大事に踊っていて、
Vision of Danceでも踊る曲です。
偶然ですけど。
楽しいって大事、素敵。

バージニア

アメリカのバージニアの展開するショー
Reflectionsを観に行って来ました。
バージニアといえば、ヨースリーの愛弟子で、
小柄だけどパワフルなダンスが素敵なダンサー。
オーディションで集まったダンサー達による
群舞も見もの、というショーでした。
四季をテーマにした、いたってシンプルな内容でしたが、アメリカから来たチームの群舞、素晴らしかった。やはり何度も公演してるからかな。
こういうものは時間をかけて質が上がってゆくのでしょう。。
日本でのオーガナイズをしたZiziちゃん、
よく頑張ったなーと思います!
キャストの半数がアメリカから来る、という状況だけで大変でしょうね。

最近、同期のダンサー達が、テーマのある舞台を作っていて、素晴らしい流れだと思う。
来週のガマール監修公演Vision of Danceもそうだし(お陰様で完売御礼)、
皆んなの意識が高くなっていて、喜ばしい事です。

舞台を一ダンサーが作るのは本当に大変。
お金がかかるので、思い描く理想に近づくのはほぼ無理だし、出来る範囲でいかに工夫して、、、
初めて観る方にも楽しめる、、、、
でもどうやって、その「初めて観る方」を呼び寄せる??
頭を悩ませるのはいつも同じような。
テレビCMでもやって、どんどん背景が転換する劇場で、、、、
なんてねー。

今日もステージ観て思ったけれど、
もちろんアメリカからのダンサー達、選抜メンバーなだけに素晴らしかったけど
日本のダンサー達も負けていなかった。
これから色々変わってゆくかもしれないです。
純国産の素晴らしいステージが出来るかもですね。

直感

先日のパントマイムの話
なんでそんなもん受けに行くの?どこに向かってるの?的な反応がありましたが、そのすぐ後にガマール先生の監修中に
「ここはパントマイムの演技を」とのオーダーが!
そういう時は不思議なもので、普段だったら聞き取れなさそうなのに「パントマイム」という単語のヒアリング成功、、、、
ダンスも舞台表現ですから、パントマイム必要なんです。
バレエでも「マイム」と呼ばれる表現をしています。セリフの無いダンスでは絶対必要です。

パントマイムのWSのお知らせを見て、これは必要になるなと直感で参加したんですが、こんなすぐに必要になるとは。
(しかし奥深過ぎなのでもっと学ばなければ、、、)
という感じで、本当に最近直感が冴えまくっています。

大事なことは直感で

だいたい失敗する時は直感を無視して
「でもこうした方がお得かも」的な打算が働いた時。
直感というのは、大事なんです。

これは自分の身体においても、使い方が良いか悪いかは、自分が一番感じないといけない。
苦しい=ダンスの美
というのは無いんです、実は。
筋力不足でキツい、という事はあるけれど。
構造にあった動きだと気持ち良く、美しい。
それを感じるのもやはり感覚。
直感を軽視してはいけないですね。


今日、まじまじと生徒さんを観察してみると、
随分体型が変わったなぁーと。
脚が細くなって、肩もスーッと降りてきた。
まだ通い始めて半年位の方。
ちょっとした使い方や重心を意識しただけ。。
コレは良いと思って実践してくれた結果。(スバラシイ)
こうしてみると、体型というのは思考の一つの結果だったりするのかも。

直感力を磨いていこう

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ