INDEX    RSS    ADMIN

メンテナンス

久しぶりに鍼に行ってみました。
ここ3年は自力で整える事をしていたので、
この様な他力本願は3年ぶり。

気になっていた部分はチョイチョイと引っ張って終わり。
あれ、もう終わりかいと思ったら
「小学生の時に尻餅ついたでしょ?それを治したいんだけど」と、
全く想定外の展開。
というか、尻餅⁈
そりゃ沢山したであろうけど、それが何か⁈
でもこれが大問題の様であった。。。
強打した筋肉は長い年月をかけてシコリとなる
→他の筋肉が引っ張られる→骨の歪み

このレベルになると自力の整体体操では無理だし、
過去の尻餅ではどうしようもない。
というわけで、
専門家にみてもらうのは重要と思い知りました。
何事もそうなのかも。

そんな尻餅後遺症事件のあとに、
友人がこんなブログ記事をシェアしているのを見ました。
すごく納得。(先生目線で)
https://ameblo.jp/infinity-bellydance/entry-12329936860.html
近年、沢山のチャンスが転がっていて、
やろうと思えばいくらでも出来そうな環境ですが、
本当の意味でそれを掴めるのは
いつの時代も一定数しかいないかもですね。

餅は餅屋、
尻餅は鍼灸、
ダンスはスタジオ

Adventure of Maru〜マルの冒険〜

ストーリー性のあるオリエンタルダンス公演というのはこれまでもありましたが、
実際にストーリーがあるのは殆ど観たことないです。
ボルボレッタスタジオ8周年公演「マルの冒険」はそれです。
ストーリーがあるので、演技もあり。
地球にやってきたマルが、様々な生命体と遭遇する物語。

なにそれ

だいたい第一声はこんな反応。
まぁ観てみてください。
場所は去年のカメリア東京ショーで使った、
二子玉川のKiwaです。
観やすくてステージと客席の近さがとても良い場所です。
衣装はこの公演の為に制作され、とても良い感じになってきています。

私は第三幕の演出を担当します。
地球にやってきたマルがそこで何を受け取るのでしょうか。

そういえば、学生時代はお芝居にはまっていました。なので今回のような舞台はとても楽しいです。

スタジオボルボレッタの講師および、所属プロダンサーのみで創られるショーです。
一致団結、作品創りをしています。
どうぞ楽しみにお越しくださいませ!

12月2日(土)
@Kiwa(二子玉川)
昼公演15時〜
夜公演18時〜
前売¥5000/当日¥5500
出演/Huleya,Junko,Kayo,Malika,Mami,Mariko,NOEL,Sakura,TAEKA,Tsugumi
ご予約/ studiobolboreta.show@gmail.com


スタジオボルボレッタの発表会やハフラはその内容やレベルの高さに大変定評があります。
外部の方が毎回楽しみいらして下さいます。
今どき、こんなに正統オリエンタルダンスをやっているスタジオは無い、という感想。(笑)
自分たちにの当たり前が外では当たり前でないんですよね。
では、それを演出指導しているプロの先生達だけで舞台を作ったらどうなるのかな?
結構意外と感じるかもしれないし、
やはりコレ!と思われるか、

マルの冒険

というタイトルが既に皆様の期待を軽く裏切っているかもしれませんね。

どうぞお楽しみに!

I got it

怒涛の一週間が終わりました。
夢のあとさきリハーサル、本番、ワークショップ、、
色々ハードだったけれど、実り多き日々でした。

ハディア先生が来日してから本格的に創作開始となった
ダンス オブ ペルシアン スレイブ、、、
衣装もこの短期間に一転二転、奇跡的に揃った。
半分は作ったのだけど。
ハディアメソッドをみっちり特訓したら筋肉痛。
そうか、彼女のスタイルはここをこんなに使うから美しいのか、と
10年にして分かってみたり。
これはこれからようやく自分の役に立ってくるかもしれない。
1人の先生に習って自分の身につけるには
膨大な時間がかかるものであります。
言葉で一瞬で説明出来てしまうものであっても、
それはその先生が長い年月をかけて研究してきたもの。
それを一瞬の言葉で伝えて下さる事に感謝と同時に、
やはり一瞬では理解しきれませんので、
何年も同じ事を言われ続け、トライし続けて初めて得られるのだと思う。
この地味ーーーーーでつまらなそうな作業を続けることが出来る人が
舞台に立つ人なのでしょう。

この期間、ブラジルのルル先生が来日していて、
これも逃せないので受講。
Never give up dancing!
という彼女の座右の銘に感涙。
子供のように純粋なルル先生に沢山のヒントを頂き、
公演前で体力的にも時間的にも大変だった以上のものを
受け取れ、本当に参加して良かった。
最高のパワーチャージが出来ました。

そして、ルル先生が夢のあとさきを観に来て下さった!
感激屋の彼女は号泣して観て下さったそうです。
これが今回最高のご褒美になったかもしれません。
とても嬉しいお言葉もプレゼントして頂きました。

友人の何人かからは、
ノエルさんの登場シーンに劇場の空調を操作したの?
と言われました。
いいえ、操作したのは空調ではなく、
空気そのものです。
雪の精霊役ですから、その位は出来て当然です〜★(笑)

今日はハディア先生のワークショップ。
ベーシッククラスには先輩ダンサー方もいれば、
最近始めた生徒さんまで。
ベーシックって本当に大事です。
今日もまた新しく学べました。
その応用編のクラスは「生演奏で踊る」クラス。
今回も一人一人にコメントを下さいました。
Yummyな動きをようやっとgetしたわね!
ハイタッチ頂きました★
一週間みっちり側にいたおかげです。
I got it!
忘れないようにしていこうと思います。
ハディア先生のクラスを受けると皆んなのハートが開いてゆくのが分かる。
ダンスにおいてのエネルギーについてのアドバイス、
大変為になった。


2人の巨匠に共通するのは、
自家発電ということか。。。
風景に感動したり、
ちょっとした事に大笑いしたり。
自分からハッピーが湧いてくる。
これこそが踊りで人にハッピーを与えられる人。

ダンス オブ ペルシアン スレイブ

「夢のあとさき」公演、ハディア先生が来日して
いよいよリハーサルが佳境に。
実際に会って一緒に踊らないと見えてこないものですので、
一気に仕上げに入ってます。
1日経てば衣装、振り付け構成も全て変わるという、
激動です。
これに対応出来るプロならではの舞台です。
今回の公演ではハディア先生と新しい作品を作っています。
ただ振り付けしてもらって踊る、という形にはならず、
全て覆すほどの大胆なアイデアも出し合いながら、
皆んなで創り上げる形になりました。
ダンス オブ ペルシアン スレイブという大曲。
バレエダンサーも加わり、どうなるのかな!
これもそれぞれの持つパズルのピースが舞台上ではまっていくことになりそうです。
非常に楽しみ!

明日から劇場入りです。
ひとたび劇場に入れば世の中と離れて作品の世界にひたすら入る。
そんな感じがします。
離陸した飛行機のような感じ。
なので、その間はいないものと思ってくださいね、
と身近な人に伝えたりしてます。

チケットはまだありますので、
17日昼公演、夜公演、行けそうとなったら、
是非お越しください。
前売りがお得です。

ともに祈る

すてきな流れ
というのでしょうか。
仲間のために祈ったら、良い方向に流れたり、
良かった良かったと喜び合うような。
ずっと前から聞いてきたことだけと、
共に祈る事で悲しみや苦しみは半減して
喜びは倍増する。倍増どころか、乗、なのかな。
本当にそうなのだと思うことがあった。
これは全てに当てはまるのかもしれない。
ダンスにおいても。
最近の生徒さん達のキラキラな感じ、
大きな楽しみが待っているような。

プロフィール

Oriental BellyDancerNOEL

Author:Oriental BellyDancerNOEL
オリエンタル・ベリーダンサーNOEL
9歳よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスなどの多く舞台経験を経て、1999年にオリエンタルダンスをはじめる。エジプシャンフォークロアをガマール・セイフ氏に、ラクスシャルキをパリのカメリアに学ぶ。
独特の美しいダンススタイルで、多くの舞台公演やイベント・ライブで活躍中。
Oriental Mus Projectのレギュラーダンサー、生演奏でのショー「千夜一夜物語」では2006年より座長を務める。
講師としても国内外でWSを行っている。
www.noel-oriental.com

フリーエリア

ハムサ
開運•魔除けブログパーツ